サプリでバストアップ効果、成分は?




「短時間でバストアップできるけどリスクが伴う豊胸手術はやはり怖い」という方は、毎日続けることで、体内から少しずつバストアップ効果をもたらす「サプリメント」はいかがでしょうか。

ここではバストアップ効果が期待できるサプリメントの人気の高い配合成分をまとめてみました。サプリメントを購入する際の参考にしてください。


バストアップに効果的な成分


イソフラボン

イソフラボンはマメ科の植物に多く含まれます。ポリフェノールの一種で、高い抗酸化作用がある他、女性ホルモンと同じような働きを持つことから、バストアップや美肌など女性らしい体を作るのに重要な役割を果たすことで期待されています。

大豆類(加工製品でも良し)やクズ(根)、ハーブの一種であるレッドクローバーなどにイソフラボンは含まれています。中でも含有量が多いのは、大豆製品のきな粉だと言われています。

更年期障害の緩和や骨粗しょう症の予防、生活習慣病の予防や改善、前立腺がんの予防にも効果的であるため、男性にも嬉しい成分だと言えます。

プエラリア・ミリフィカ

プエラリア・ミリフィカとは、マメ科の一種でタイ北部のミャンマーなどに自生する植物です。根っこがジャガイモのように大きな塊状になっているのが特徴です。

そんなプエラリアの根には、女性ホルモンの働きによく似た植物性エストロゲン・イソフラボンと言う成分が多く含まれています。その含有量は大豆の40倍というから驚きですよね。

植物性エストロゲンの作用によって乳腺の発達が促されることから、バストアップに効果的な成分として注目を集めています。他にも、更年期障害における症状の緩和やホルモン置換作用、不妊治療などへの効果が期待されています。

ブラックコホシュ

ブラックコホシュは、北米原産の白い花が特徴的なハーブの一種です。花とは対照的に根茎は黒い色をしているため、ブラックという名が用いられたと言われています。

エストロゲン似た働きをするイソフラボンが含まれているため、PMS(月経前症候群)や更年期障害の症状の緩和、骨粗しょう症の予防効果など女性特有の悩みに有効な成分として知られています。

ブラックコホシュはハーブティーとして飲用されることもありますが、独特の苦みが強く感じられるため、最近ではサプリで利用されるようになりました。

ザクロエキス

まずは、ザクロエキスを含有したサプリです。ペルシャでは古来から「生命の果実」とも呼ばれて、健康・美容を求める人々に利用されてきたフルーツ「ザクロ」。

バストアップに働きかける女性ホルモンに似た作用が認められる「植物性エストロゲン」や、美容に欠かせないビタミンB・Cが豊富に含まれることが、ザクロエキス人気の理由です。

ザクロはスーパーで見かけることも少なく、中々手に入りにくいフルーツですので、サプリ等で手軽に摂取したいところですね。

<関連記事>
ザクロでバストアップできるって本当?

チェストツリー

ハーブの一種である「チェストツリー」も、バストアップのサプリメントに含まれている成分です。チェストツリーには、黄体ホルモンのプロゲステロン不足によって引き起こされる症状を、緩和する作用が確認されています。

女性ホルモンを整える働きがバストアップ効果に結びつくと期待されるほか、生理痛やPMS(月経前症候群)の改善効果もあり、女性に嬉しい成分です。

<関連記事>
バストアップ成分、チェストベリー(チェストツリー)とは

ワイルドヤム

ワイルドヤムはヤマイモの一種です。ヤマイモといっても、日本で見るものとは違い、北米や亜熱帯気候の土地で栽培されるメキシコヤマイモのことです。

ワイルドヤムには、女性ホルモンの分泌に関わるジオスゲニンという成分が含まれています。ホルモンバランスが整うことで、健康的なバストアップへと繋げることができるため、女性には大変嬉しい成分なのです。

プラセンタ

20種類ものアミノ酸を含む「プラセンタ」も、バストアップ成分として有名でサプリメントに使用されています。プラセンタのもつ血行促進作用、細胞活性化作用によって乳腺の発達が促され、バストアップ効果につながると考えられます。

美肌・アンチエイジングコスメとしても使用されるプラセンタなら、バストの肌もより白く、美しくなりそうですね。

マカ

男性の精力アップ成分として有名な「マカ」が配合されたサプリメントもおすすめです。マカにはホルモンバランスの調整作用があり、これがバストアップに効果をもたらします。多くの女性の悩みとなる「更年期障害」の症状緩和も期待でき、一石二鳥ですね。

ボロン

ボロンはミネラルの一種で、キャベツやリンゴ、ぶどうなどに含まれる成分です。ボロンにもエストロゲンに似た作用を持ち、女性ホルモンの分泌を促す効果があると言われています。

その含有量はキャベツが圧倒的に多いですが、推奨される摂取量は1日400μgであり、食事から補う場合は毎日1玉分食べなくてはなりません。


バストアップをサポートする成分



バストアップ効果を高めるためには、身近な食材から摂取できるような必須成分も重要になります。以下の成分にも注目しましょう。

ビタミンC

美肌成分として知られているビタミンCですが、バストアップにおいても重要な役割を果たします。それは、コラーゲンの生成力を高めることができるからです。

年齢とともにバストのボリュームが無くなってきてしまいますが、その理由は胸の土台部分となるクーパー靭帯の劣化によるものです。このクーパー靭帯の主成分はコラーゲンです。

ビタミンCを摂取することでコラーゲンは体内で生産され、クーパー靭帯の劣化を防ぎ、ボリュームあるバストを保つことができるようになります。

ビタミンE

ビタミンEは別名若返りビタミンとも言われ、高い抗酸化作用を持つことで知られています。また、血流を改善し血行を促す働きがあるため、バストのハリを高める効果が期待できます。

また、血行が良くなることで効率的に有効成分が行き渡るようになりますので、バストアップ効果も高まるでしょう。


【番外編】バストアップに効果的なクリームの成分は?



より効果を高めるために、バストアップサプリメント並行して行いたいのが、バストアップクリームによるマッサージです。マッサージによって血行が促され、ハリ艶の良い美しいバストが手に入るでしょう。

ここでは、バストアップクリームの成分について簡単にご紹介します。

セサフレッシュ

セサフレッシュとは、フランスのセピック社によって開発された成分です。ゴマタンパク由来の特殊微細ポリマーで、ハリ弾力を高める効果があり、美容液やクリームなどに配合されています。

バストにマッサージを施すことで、ハリ感や弾力感がアップし、ボリュームのあるバストを導きます。

<関連記事>
バストアップ成分、セサフラッシュとは

ボルフィリン

ボルフィリンとは、ハナスゲというユリ科の植物から抽出した成分です。この成分は、肌を柔軟にし脂肪細胞を増やす働きがあるとされています。外側からアプローチする新発想のバストアップ成分として注目を集めています。

比較的新しい成分であり、確かなデータは少ないですが、実際にバストアップ効果を実感した使用者の声もあります。


いかがでしたでしょうか。

以上のように、バストアップ成分は様々で、それぞれの成分ごとに、「バストアップ効果」に結びつく働きがあることが分かりますが、やはりサプリメント部門ではプエラリアを含むバストアップ成分に人気が集中しています。

どれが良いのかわからない・・・と困ってしまう方も多いと思いますが、そんな時は人気ランキングを参考にしてみてはどうでしょうか。

まとめ

  • バストアップサプリで人気の成分はプエラリア・ミリフィカ!
  • バストアップには、女性ホルモンの働きに似た成分が配合されているかチェック!
  • バストアップをサポートするビタミン類の摂取も大切!

 バストアップサプリメントの人気ランキング!








このページの先頭へ