自然にバストアップしたいのなら、まずは生活習慣を見直してみよう!




「バストを大きくしたい!だけど、豊胸手術はしたくない……」そんな風にお悩みの女性も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?

短期間で一気にバストサイズを大きくするのであれば、確かに豊胸手術以外に方法はないかもしれません。しかし、自然に少しずつバストアップしていきたいという方であれば、生活習慣を少し変えていくだけで十分実現は可能です。

そこで今回は、バストアップに良い生活習慣、また、バストアップに悪い生活習慣とは何かご紹介していきたいと思います。


バストアップに良い生活習慣

健康的にバストアップを目指したいという女性は、バストアップに効果的な生活習慣を知っておくとよいでしょう。

皆さんがすぐに実践できる、バストアップに良い生活習慣を挙げていきます。

1:規則正しい生活をする

基本中の基本、ともいえるでしょう。規則正しい生活を送るということは、バストアップのためだけに非ず、美容や健康のためにも非常に重要な要素となってきます。まず、早寝早起きの習慣をつけるようにしましょう。

バストアップをするということは、乳腺を発達させる必要があります。そのためにはホルモンの分泌が不可欠となり、ホルモン分泌量が最も多い時間帯=「ゴールデンタイム」に睡眠をとることがバストアップへの近道となるでしょう。ゴールデンタイムは、一般的に22時~翌2時のことを指します。

2:睡眠時にナイトブラを着用する



“ゴールデンタイムに寝る”ということ以外に、バストアップのために必要な、睡眠時の習慣があります。

多くの皆さんは、睡眠時には何も着用しないという方が多いのではないでしょうか?実は、それはバストにとってはあまり良くないのです。

では、垂れるのを防止するため、ブラジャーを着けたまま寝るのがいいのか、と言われるとそうでもないんです。ブラジャーを着けたまま寝ると、バストが圧迫されてしまい、血行不良の原因になってしまいます。すると、睡眠時に分泌されるホルモンなど必要な栄養素がバストに行き届かなくなってしまいます。

睡眠時には専用のナイトブラを着用するのが理想的です。ナイトブラは通常のブラジャーよりも快適な着用感ですが、睡眠時でもバストを正しい位置にキープしてくれるため、女性の必需品といえます。

3:時間をかけて入浴する

仕事で疲れたからだを入浴でリラックスさせる……この習慣はバストアップには良いといえるでしょう。

女性に多い「冷え」は、バストの形が崩れたりバストアップの妨げになったりします。お風呂に入るということは血行促進のためには非常に有効、ひいてはバストアップにとっても効果が高いといえます。

ただし、忙しいからといってシャワーだけで済ましてしまうのは、逆にからだを冷やす原因となるためNGです。きちんと肩まで湯船につかり、時間をかけて入浴すると良いです。

また、入浴時にバストアップのマッサージをするとさらに効果的です。

<関連記事>
バストアップできないのは冷え性が原因かも!

4:白湯でバストアップサプリを飲む

キレイにバストアップしたい女性には、バストアップサプリをおススメします。バストアップサプリは飲み続けることで効果を発揮するため、習慣にしていくことよいでしょう。

また、サプリを飲む際には水ではなく「白湯」を使うと相乗効果が得られるかもしれません。白湯にはからだを温め代謝をアップさせる作用があります。体の老廃物を除去してくれる効果もあり、バストアップ以外にもダイエット効果があるとして知られていますね。

白湯は一日三回(朝、昼、夜)飲むと良いです。


バストアップに悪い生活習慣



バストアップ良い生活習慣があれば、同様に悪い生活習慣もあります。これから挙げる項目がご自身に当てはまってはいないか、是非チェックしてみてくださいね!

1:過度なダイエット

過度なダイエットといえば、毎日激しい運動をしていたり、食事制限をしていたりすることを意味します。

激しい運動にはバストの揺れはつきもの。脂肪は上下運動により痩せてしまう性質のため、バストも同じように痩せてしまうといえます。バストアップを目指すのであれば、激しい運動ばかりでなく、室内でできるマットエクササイズなどを取り入れることをおススメします。


また、食事制限もバストアップにはNGな習慣です。特に、バストの成長に必要となる「女性ホルモン」は日々の食事で積極的に摂りたいところ。

イソフラボンが多く含まれている納豆や豆乳などは食事に取り入れたいですし、タンパク質や脂分もバストアップには必要な栄養素です。バストアップを目指す女性は、バランスの良い食事を心がけましょう。

<関連記事>
この食べ物でバストアップを目指そう

2:コーヒー、喫煙

なにげなく飲んでいる朝のコーヒー一杯が、バストアップを妨げているかもしれません。なぜなら、コーヒーには脂肪を燃焼させる作用があります。朝の一杯くらいなら良いでしょうが、コーヒーの飲み過ぎには注意しましょう。

また、喫煙もバストアップには悪影響を及ぼします。タバコに含まれるニコチンが、女性ホルモンの分泌を妨害してしまうのです。百害あって一利なしともいえますので、喫煙は控えるようにしましょう。

3:ストレスの多い生活

仕事や人間関係などでストレスが溜まっている方は要注意です。過剰なストレスは自律神経を乱す原因になり、ホルモンのバランスを崩してしまいます。バストアップに必要な女性ホルモンの分泌にも影響を与えてしまうため、ストレス解消法を見つけるなどすることが重要となります。

また、毎日、夜更かしの癖がついていて、寝るのは深夜12時を過ぎてから……なんていうのはバストアップにとってはNG習慣となります。睡眠も大切なストレス解消法の一つです。


以上、バストアップに良い生活習慣、また、バストアップに悪い生活習慣とは何か、について紹介しました。

美しいバストは理想的な生活習慣から生まれるといっても過言ではありません。日々の行いを少し改善するだけで驚くほどのバストアップ効果が得られるかもしれませんよ!

まとめ

  • バストアップのためには早寝早起きを心がけ、ゴールデンタイムには必ず睡眠をとると良い。
  • 睡眠時にノーブラはNG。ナイト用ブラジャーを着けると、バストを正しい位置にキープできる。
  • 冷えはバストアップにとって天敵。肩までゆっくり入浴し、マッサージをするとなお効果的である。
  • バストアップサプリを飲むときは白湯とともに飲むとより良い。
  • 食事制限や激しい運動など過剰なダイエットをすると、バストアップの妨げになる。
  • コーヒーを飲むことやタバコが習慣になっている、ストレスを溜めることなどは女性ホルモンの分泌に得く影響を及ぼす。





このページの先頭へ