バストの大きさは遺伝?胸が大きくなるメカニズムは?

バストサイズは遺伝のせいか気になる女の子

女性の象徴ともいわれるバストなだけに、サイズが小さい、ハリが足りないといったコンプレックスを抱く女性も少なくありません。

「母親も小さいから…」というように、バストが小さな理由を遺伝的なものと考え、初めからバストアップを諦めてしまっている方もいます。
 

しかし遺伝や体質などと関係なく、バストアップが可能であるとしたらどうでしょう?

そこで、ここでは胸を大きくするための基礎知識をご紹介します。

胸が大きくなるメカニズムについて

胸が大きくなるメカニズムが気になる女の子

胸を大きくするための方法を考える上で重要となるのが、バストの構造の理解です。

女性の乳房は、脂肪組織(皮下脂肪)と乳腺、そしてクーパー靱帯という繊維で作られています。
 

また、バストの土台となる大胸筋のコラーゲン層と乳腺はクーパー靱帯でつながっており、バストの形を維持しています。

ちなみに、加齢と共に胸が全体的に下がってしまうのは、乳腺を支えているクーパー靱帯が伸びてしまうことが原因となっています。
 

バストアップするために重要なのは、バストを構成する「乳腺・脂肪組織・クーパー靱帯・大胸筋」の4つの組織の役割や、胸が大きくなる仕組みを理解することです。

乳腺

女性の乳房は、約90%の皮下脂肪と約10%の乳腺という割合で構成されています。

こう書くと「乳腺はバストアップにそれほど大きな影響を与えないのでは?」という印象を持つ方が多いかもしれません。
 

ここで押さえておきたいのが「乳腺と皮下脂肪の割合は1:9からほとんど変わらない」ということです。

例えば、現状大きさ1の乳腺を大きさ2にすることができれば、脂肪も2倍になります。
 

つまりバストアップしたい場合は、皮下脂肪の量を増やす努力をするよりも、乳腺を大きくする方が効率が良い、ということです。

この乳腺の発達に大きく関係しているのが、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンです。
 

女性ホルモンの分泌量が多く、バスト全体に良く行き渡っている方のバストが豊かな傾向にありますが、それは乳腺が太く健康であるためなのです。

乳房内脂肪組織

バストを構成する組織の90%をしめるのが、皮下脂肪である乳房内脂肪組織です。

では、バストを大きくしたいのであれば乳房内脂肪組織を増やせば良いのかというと、そう単純な話ではありません。
 

脂肪は柔らかいため流動性が高く、正しい位置になかなか固定しないという特徴があります。

そのため、乳腺を太くして乳房内脂肪組織の量を増やした場合、脂肪が背中などに流れないようブラジャーでの固定や、マッサージなどのケアを行う必要があります。

クーパー靱帯

クーパー靭帯はコラーゲン繊維の束で、乳腺と大胸筋をつなぎ止め、乳房を支える役割を担っています。

バスト全体に走るゴムのケーブルのような組織で、伸びたり切れたりした場合、胸が下がる、バスト全体の形が崩れるなどの問題が出てきます。
 

一度切れたり伸びたりしたクーパー靭帯は元に戻らないため、劣化しないよう日常的にケアすることが重要となります。

乳腺が発達したり、皮下脂肪量が多くなったりしてバストが大きくなっても、クーパー靭帯が伸びて胸が下がってしまっては元も子もありません。
 

クーパー靭帯は、ブラジャーを正しく身につけ、バストを正しい位置に収めることで伸びや切れを防ぐことができます。

バストアップを目指す際は、自分の体型に合った下着を準備することを忘れないようにしましょう。

大胸筋

大胸筋はバストの土台となる筋肉です。

よく「大胸筋を鍛えることでバストアップできる!」という記事や情報を目にしますが、これは厳密には正しくありません。
 

確かに、大胸筋を鍛えると胸部の厚みが増すのでトップバストの数値は増えます。

しかし、乳腺や皮下脂肪が増えている訳ではないため、バスト自体が大きくなることはありません。
 

大胸筋はクーパー靭帯と共にバストを支えてくれる重要な組織なので、鍛えることで胸の下垂やたるみを予防することはできます。

ただ鍛えすぎると胸全体が筋肉質となり、女性らしい柔らかく丸みを帯びたバストからは遠ざかってしまうので、注意が必要です。
 

胸が大きくなるメカニズムの主体は「女性ホルモンの分泌を活性化させ、乳腺を太くする」ことにあります。

しかし、より美しく豊かな胸を作り上げるには、乳腺以外の3つの組織についても意識を向けることが重要です。

バストサイズは遺伝するの?

バストサイズの遺伝

バストの大きさが遺伝するかどうか、非常に気になるところですよね。

結論からいうと、全く遺伝的要素がないわけではありませんが、ごくわずか、というのが実情です。
 

バストの大きさを左右する要因には、乳腺の数や太さ、乳房内脂肪組織の量、女性ホルモンの分泌量などがあります。

先天的に、乳腺の数や乳房内脂肪組織の量が少ない、女性ホルモンの分泌が活発でないという方も確かにいらっしゃいます。
 

しかし、バストの大きさに関しては、遺伝といった先天的要因よりも、生活習慣や食生活といった後天的要因の方が大きな影響を与えているというのが、現在主流の説となっています。

例えば、戦前の日本女性のバストサイズはAカップが平均でしたが、現在ではCカップが標準となっています。
 

遺伝的な要因が強ければ、数十年でこれほどバストサイズの平均が上がることは、まず考えられないはずです。

ここまで平均サイズが上がったのは、やはり食生活や生活習慣、身につける下着の変化といった後天的な要因が深く関係しているため、と考えるのが自然でしょう。
 

またバストアップに大きな影響を与える女性ホルモンですが、最近はその分泌のメカニズムも解明されてきました。

規則正しい生活習慣を身につけ、バランスの良い食生活をおくることで、女性ホルモンの分泌量を増加させ、働きを活発化できることが実証されてきたのです。
 

つまりその人の毎日の心がけや努力次第で、バストを大きくすることは十分可能なのです。

ご自身のお母様の胸が小さいからといって、自分も同じようなサイズになるとは限りません。
 

誰でも豊かな女性的なバストを手に入れられる可能性があるということを、しっかりと胸に刻んでおきましょう。

バストアップの為に心掛けたいこと

バストアップのために適度な運動をする女性

バストアップを考える場合、最優先事項となるのが女性ホルモンの分泌促進とホルモンバランスの正常化です。

女性ホルモンには、卵巣から分泌される「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があります。
 

この2つがバランス良く活発に分泌されることで、女性の胸は大きく育つことになります。

しかし、この2つの女性ホルモンはストレスなどの影響を受けやすく、生活習慣や食生活の乱れによって簡単にバランスを崩してしまうというデリケートな特性があります。
 

そのためバストアップを目指す場合には、規則正しい生活をおくること、ストレスを解消する時間や場を設けることなどが大切です。

また女性ホルモンは血液にのって全身を巡るため、身体の冷えによる血行不良はバストアップの大きな妨げとなります。
 

血液の循環が悪くなると、それに準じた形でホルモンも停滞してしまい、バストのみならず女性ホルモンを分泌する卵巣にも、悪い影響を及ぼしてしまいます。

そういった悪影響を取り除くためにも、適度な運動やゆっくりとした入浴などを心がけて身体を温めつつ、いたわる生活を送るように心がけましょう。
 

この記事のまとめ
  • バストアップするには、バストを構成する「乳腺・脂肪組織・クーパー靱帯・大胸筋」の組織の役割や、胸が大きくなる仕組みを理解すること
  • バストの大きさは遺伝といった先天的要因よりも、生活習慣や食生活といった後天的要因の方が大きな影響を与えている
  • 規則正しい生活習慣を身につけ、バランスの良い食生活をおくることで、女性ホルモンの分泌量を増加させ、働きを活発化できる
  • 「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2つがバランス良く活発に分泌されることで、女性の胸は大きく育つ
  • 女性ホルモンは血液にのって全身を巡るため、身体の冷えによる血行不良はバストアップの大きな妨げとなる