この食べ物でバストアップを目指そう




バストアップに効く食べ物と言われて、何を思い浮かべますが?代表的なものに、大豆製品やキャベツ、豆乳などがありますが、これらの食材には美容効果が高く、女性ホルモンに働きかける性質があるという共通点があります。

今回は、バストアップに効くとされる食べ物の種類や、その食べ物がなぜ美しいバストづくりに高い効果を示すのかを、分かりやすくご説明していきたいと思います。


そもそもバストはどういったものでできているの?



美しいバストを作り上げる食材を考える上で大切なのが、「バストが何でできているのか」正しく理解することです。

バストは皆さんもご存じの通り、そのほとんどが脂肪でできています。構成的には脂肪が90%、乳腺組織が10%となっており、バストの特徴的な柔らかく丸みを帯びた形を作り上げているのはすべて脂肪です。


しかし、この胸につく脂肪は、腹部や太もも・腕などにつく脂肪とは異なるもののため、「単純に太れば胸が大きくなるとは限らない」ということを、まずは覚えておきましょう。

また、乳腺は乳汁(赤ちゃんの食事となるお乳)を生産する組織で、エストロゲンの作用によって増殖し、プロゲステロンの作用によって発達するという特徴があります。この乳腺の量でバストの大きさが決まるともいわれ、バストアップを考える上での大きな鍵ともされています。


加えて、この乳腺を支えるクーパー靱帯やバスト全体を支える大胸筋の発達具合や健康度も、バストのハリや形を大きく左右します。これらの靱帯や筋肉が伸びきってしまうと、胸元がたるんでしまい、形の良いバストを保てなくなってしまいます。

つまり、美しくハリのあるバストを作り上げるには「胸の脂肪量を増やす」「女性ホルモンの分泌を促す」「クーパー靱帯や大胸筋を丈夫にする」ことが大切だという訳ですね。

<関連記事>
けっきょく、胸を大きくするには太るのが一番効果的なの?


では、これらのことを実現させるために取り入れたい栄養素と食べ物について、ご紹介していきましょう。


バストアップに効く食べ物とは?



バストは脂肪と乳腺で構成されているため、バストアップには、子宮や乳腺の発達を促す女性ホルモン・エストロゲンの作用を促進させる食材を摂取するのが一番です。また女性ホルモンは、胸元の脂肪を増やし、丸みを帯びた女性らしい体を作るという特徴もあります。

エストロゲンの分泌量や作用を高める食材には、以下のようなものがあります。

1.大豆製品(大豆イソフラボン)

大豆に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをすることで知られる成分です。また、大豆製品は不足しがちなカルシウムやミネラル、タンパク質もバランス良く含まれているため、美容にも良く、胸元のクーパー靱帯や大胸筋の育成にも一役かってくれます。

大豆製品は、納豆や豆腐、お味噌汁などの和食献立に取り入れやすいので、毎日無理せず食べ続けることができるという点でも優秀です。

2.キャベツ

雑誌やTVなどで「バストアップにキャベツが効く」という話題が取り上げられることが増えてきていますが、一体何故キャベツ?という疑問を持つ人も少なくないようです。

実は、キャベツにはエストロゲンの分泌を促進させる「ボロン」という成分が含まれているため、摂取を心がけることで胸元の脂肪量を増やし、乳腺を発達させる効果が期待できるのです。


ボロンはキャベツに多く含まれる成分ですが、他にもリンゴやブドウなどの果物、ピーナッツやアーモンドといったナッツ類、わかめやひじき、昆布といった海藻類にも含まれています。

またボロンは熱に弱いという性質を持つので、キャベツをはじめ、上記に挙げた食材はなるべく火を通さず、生に近い状態で食べるのがおすすめです。

3.鶏胸肉やマグロなどの高タンパク食材

鶏胸肉やささみ、マグロなどは良質のタンパク質が非常に多く含まれているため、乳腺やクーパー靱帯や大胸筋の育成に大変効果的です。また、タンパク質はアミノ酸で構成されており、女性ホルモンを活性化させる作用もあります。

質の良いタンパク質を多く含む食品には、他にもチーズやヨーグルトなどの乳製品、卵、豆類、豚肉、牛肉などがありますので、カロリーや食事の献立などを考慮しながら、バランス良く食事に取り入れるよう心がけましょう。


バストアップに効く簡単レシピ



美しいバストづくりに効果的な食材が分かっても、毎日の食事に上手に取り入れられなければ、その知識はタカラの持ち腐れです。そこで、簡単手軽にできる育乳レシピをご紹介していきましょう。

バストアップスムージー

<材料(2人分)>
キャベツ 200g
豆乳 200cc
白ごま 5g
蜂蜜 適量

<作り方>
1.キャベツを粗めに刻む。芯には苦みや辛みがあるので、気になる場合は取り除く
2.豆乳と白ごまをミキサーへ入れ、キャベツを少しずつ加えながらガー!っと混ぜる
3.キャベツがほどよく細かくなったところに蜂蜜を入れ、軽く混ぜる

生キャベツの「ボロン」、豆乳の「イソフラボン」が含まれた、簡単手軽な美容スムージーです。どろどろと粘度が高いスムージーなので、スプーンですくい、デザート感覚で食べるのもおすすめです。

アボガドうどん

<材料(2人分)>
アボガド 1個
うどん(乾麺) 2人分
白ごま 適量
練りわさび 適量
塩 少々
めんつゆ 適量

<作り方>
1.大きめのボウルに、2cm角に切ったアボガド、白ごま、練りわさび、塩を投入し、さっくりと混ぜておく。混ぜすぎるとアボガドが崩れたり変色したりしやすくなるので注意。

2.お湯をタップリと沸かして乾麺うどんをゆでる。ゆであがったらすぐにザルにとり、冷水で洗いながらしめる。

3.うどんの水気を取って器に盛り、ボウルの中身をのせる。その上からめんつゆをかけてできあがり。お好みで海苔やごまなどをふると、風味も見栄えもよくなります。

アボガドはバストアップ効果だけでなく、美肌・アンチエイジング効果も高いため、美しくハリのあるバストを手に入れる強い味方になってくれます。このアボガドうどんは手軽にでき、さっぱりと食べられるので、食生活に取り入れやすいおすすめレシピです。


食事だけで効果を感じない人はバストアップサプリも取り入れてみては?



美しいバストを作り上げるには、バストアップに効果的な食材・食品を取り入れ、バランスの良い食生活を継続することが重要となります。しかし、忙しい現代女性が食品や食材を吟味しながら、毎食の献立を組み立てて行くのは至難の業です。

外食やファーストフード、コンビニ弁当などで食事を済ませることが多くなりがちな現代人の食生活では、栄養が偏りやすく、バストアップに効果的な栄養素を食事だけで補給し続けるのは難しいといえます。


そこで活用したいのが、育乳効果の高い栄養素をバランス良く配合したバストアップサプリメントです。サプリメントであれば、自分が必要とする栄養素や成分をピンポイントで補給しやすいですし、摂取量も調整しやすいため、過剰摂取を防ぐことも難しくありません。

また、サプリメントであれば、高いバストアップ効果が期待できると注目を集めるプエラリア(タイ北部やミャンマーの山岳地帯などに自生するマメ科の植物。植物性エストロゲン・イソフラボンが豊富)など、食材として手に入らない植物やハーブも手軽に摂取できるというメリットもあります。

<関連記事>
期待のバストアップ成分、プエラリア

食生活を見直したのにバストアップの効果が見られない、忙しくて食材を厳選したり自炊する時間がとれないといった方は、サプリメントで足りない栄養素を補充することを検討してみると良いでしょう。





このページの先頭へ