バストと女性ホルモンの関係




女性の魅力を大きく左右する「バスト」。バストの大きさによっては、着られる服や水着なども制限されてしまうことだってあります。美しいバストを手に入れて、何でも着こなせるようになりたいですよね!

バストと大きく関係があるといわれているのが、今回のテーマでもある「女性ホルモン」なんです。美容関連の話題では必ずと言っていいほど使われる「女性ホルモン」ですが、その正体とはいったいどのようなものなのでしょうか?

今回は、バストと女性ホルモンの関係についてご説明していきたいと思います。


女性ホルモンとは



バストと女性ホルモンの関係を説明する前に、まずは女性ホルモンがいったいどのような性質のものなのかを知ってもらうところから始めましょう。

女性ホルモンの働き

女性ホルモンとは、平たく表現してしまえば、「女性らしさをつくるホルモン」のことです。具体的には、妊娠に必要な子宮内膜を厚くしたり、女性らしい丸みを帯びた身体つきを形成したりする働きを持っています。

また、女性ホルモンは自律神経を整えたり、丈夫な骨を作ったりと、女性らしさを保つだけでなく、美しさや健康を維持していくためにも欠かせないものなのです。

女性ホルモンの種類

女性ホルモンは2種類に分けることができます。

まず一つ目は、別名“美のホルモン”ともいわれている「エストロゲン」。このエストロゲンが女性らしさを作るためには欠かせません。先ほども記述した妊娠に必要な体内環境を整えるほか、お肌をハリや潤いあるキレイな状態にしてくれるホルモンです。


二つ目は、別名“母のホルモン”ともいわれている「プロゲステロン」。このプロゲステロンは、妊娠を維持するために非常に重要なカギを握っているホルモンです。皮脂の分泌量を増やし、基礎体温を上げる効果があります。

エストロゲンは排卵前に分泌量が増え、プロゲステロンは排卵後に分泌量が増えるといわれています。


バストと女性ホルモンの関係



女性ホルモンが美しさを維持するために必要であることはお分かりいただけましたか?

では、次に、女性ホルモンがどのようにバストと関係しているのかをご説明したいと思います。

女性ホルモンがバストに与える影響

「バストを大きくしたい!」「バストの形を綺麗にしたい!」……など、女性の皆さんが抱く“こうなりたい”バストは様々だと思います。女性ホルモンがバストに影響を与えるとするならば、どちらかというと後者の方かもしれません。

もちろん、女性ホルモンの働きによりバストのサイズが大きくなることもあります。しかし、それはただ単に大きくなったというよりは、バストに“ハリ”が出たという方が正しいのです。

女性ホルモンがバストに与えるもっとも大きな影響は、バストを美しくするということだといえます。また、妊娠中や授乳中はバストサイズが大きくなるといいますが、それは女性ホルモンの分泌量が増え、乳腺を刺激しているからなんです。

<関連記事>
産後、垂れたバストを復活させることはできる?

女性ホルモンが低下していくと

では、女性ホルモンが低下していくと、バストにどのような影響があるのでしょうか。

一般的に、女性ホルモンは40代頃から急激に低下していくといわれています。そうなると、バストが垂れてきてしまったり、弾力がなくなりサイズ自体が小さくなってしまったりする可能性があります。


また、その影響はバストだけでなく、お肌のハリや潤い不足や、髪の毛の艶がなくなるといった美容全般の部分で受けるといってよいでしょう。

さらに、身体的な面以外にも、精神的な面にも影響を及ぼすといわれています。女性ホルモンは心身のバランスを正常に保つために大きな役割を持っているということです。

<関連記事>
バストは遺伝?胸が大きくなるメカニズムは?


女性ホルモンの増やし方



女性ホルモンが低下してしまうと、バストの美しさだけでなく、若さや女性としての魅力にまで悪影響を及ぼします。そこで、女性の皆さんは、女性ホルモンを積極的に増やしていくように意識しなければなりません。

その具体的な方法を挙げていきたいと思います

恋愛をする

皆さんは、今、恋愛をしていますか?

結婚している旦那さんがいる方、付き合っている恋人がいる方、片思いの相手がいる方……ひとそれぞれ様々な恋愛の状況があるとは思います。また、身近に相手がいなくても、芸能人やアイドルなどに想いを寄せることも同様と考えて構いません。

とにかく、ときめきを感じること。これが女性ホルモンを分泌させるためには必要なことです。

食事に気を使う

女性ホルモンは食べ物でも増やすことができます。

中でも女性ホルモンである「エストロゲン」によく似た働きをすることで知られている“イソフラボン”は積極的に取り入れたいところ。納豆や豆乳をはじめ大豆製品にはたいてい含まれているため、気軽に摂取することが可能です。


他にも、ビタミンEを多く含む食品を摂ると良いでしょう。代表的なものでいえば、アーモンドやピーナッツなどのナッツ類や、オリーブオイル、ほうれん草などが挙げられます。ビタミンEはホルモンの分泌自体を促してくれるため、是非食事に取り入れたい栄養素です。

また、どうしても食事の改善が上手くいかないという方は、バストアップサプリを適度に飲むという方法をおススメします。

<関連記事>
この食べ物でバストアップを目指そう

ハーブティーを飲む

ハーブは古来から使用されてきた薬のようなもの。ハーブティーとして体内に取り入れることも有効ですが、中には「匂いを嗅ぐだけでも効果がある」とまでいわれているものもあります。

そんなハーブの中で、女性ホルモンを増やす効果を持つものといえばなんでしょうか。

代表的なのはカモミールやローズです。カモミールは別名「母の薬草」ともいわれており、心身ともに高いリラックス効果が期待できます。ローズは世界三大美女のクレオパトラが愛していたくらいですから、女性の魅力を惹き出すのに最適です。



以上、バストと女性ホルモンの関係、そして女性ホルモンを増やす方法についてご紹介しました。皆さんも美しいバストを保っていくために、今回ご紹介させていただいた方法を実践してみてくださいね!

まとめ

  • 女性ホルモンは女性らしい身体を作るためのホルモンであり、美容や健康にも影響する
  • 女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類がある。
  • 女性ホルモンがバストに与える影響は、バストの大きさというよりも、ハリやラインなどの美しさである。
  • 女性ホルモンが低下すると、バストが垂れたりハリがなくなったりする。
  • 女性ホルモンを増やすためには、恋愛をすることが有効である。
  • イソフラボンが含まれる大豆類やビタミンEを食事に取り入れたり、ハーブティーなどを飲むことでも女性ホルモンを増やすことができる。





このページの先頭へ