バストアップの秘訣は肩甲骨にアリ!


「天使の羽根」とも言われる肩甲骨は、綺麗な姿勢を作る為に重要なポイントとなります。そして、前面のバストとも繋がっているわけですから、自ずとバストアップにも効果が現れるのです。最近はメディアでも話題になっており、TVで見かけるモデルさんやタレントさん達も肩甲骨を使ったエクセサイズを行っています。



さて、肩甲骨のストレッチやエクセサイズの方法はいろいろとありますが、この肩甲骨がなぜバストアップと関係しているのでしょうか?


肩甲骨とバストは、言わば骨と脂肪です。一見繋がりもないように見えますが、実は肩甲骨の歪みが身体のいたる部分に影響を与えている事が近年分かってきたのです。その中でも肩コリや猫背などは何となくわかりますが、むくみや冷え症、バストの下垂やホルモンバランスの低下、乳腺の発達を妨げたり内臓機能を低下させたりと、放ってはおけない症状もあるのです。

バストと関わってくるのは、「乳腺の発達」や「ホルモンバランスの低下」「バストの下垂」でしょうか。乳腺の発達とホルモンバランスの低下は、血流が滞ることが原因でしょう。肩甲骨周辺の筋肉がこり固まると鎖骨周辺の血流が悪くなります。つまり、バストまで栄養が届けられないという事なのです。


また、バストの下垂は、肩甲骨が歪んだことによって正しい姿勢を保てなくなったことが原因です。

バストアップには女性ホルモン!とばかり考えがちですが、バストに良いものを取り入れるだけではなく、こういったバストに良くない影響を与えてしまう原因を取り除かなければ、その効果も出にくくなるという訳なのです。

しかし、これで肩甲骨を健康にすればバストアップに効果的ということがわかりました。こちらに、自分で出来る簡単な肩甲骨エクセサイズをご紹介しますので、皆さんも是非試してみて下さい。


①手のひらを上にして胸の位置に置きます。足は肩幅に開いて下さい。胸を反らしながら、そのまま腕を背中に持っていき、肘と肘をつけるよう意識しながら肩甲骨を締めます。

②次に両腕を水平に開き、腕を曲げずに手の甲と甲を顔の前で合わせます。同時に腰を丸め、肩甲骨を開くよう意識するのがポイントです。

③肩回しです。前に10回後ろに10回行いましょう。


簡単な肩甲骨エクセサイズをご紹介しましたが、他にもいろんな肩甲骨の体操がありますので、ご自身で続けやすい方法を試してみましょう。バストアップだけではなく、肩コリやストレス解消、ダイエットにも効果が期待できます。





このページの先頭へ