胸を大きくするツボはココ


胸を大きくする方法は、食生活や生活習慣、バストアップマッサージ等が良く知られていますが、東洋医学の「ツボ押し」によっても胸が大きくなる効果が期待できるということをご存知でしょうか?



胸が大きい人とそうでない人の違いは様々な事が関係していますが、胸に影響を与える女性ホルモンがどれくらい分泌されているか、またその女性ホルモンがきちんと胸に行き渡っているかどうかでも大きな差が出るのです。


つまり、女性ホルモンを多く分泌させ胸に行き届かせれば、胸を大きくする事も可能だという事になります。実は、「ツボ押し」ではその2つにアピールできる効果的な場所があるのです。

こちらでは胸に影響を与える代表的なツボを幾つかご紹介します。


・だん中(だんちゅう)
女性ホルモンの働きを促したり不安感を取り除いてくれたりするツボです。胸を大きくするには欠かせない最も代表的なツボとなります。左右の乳頭を結んだ線と胸の中央の骨が交わるところにあります。


・渕腋(えんえき)
胸のハリや形を維持する効果や血流を促す効果があり、胸に必要な栄養素を行き渡らせてくれます。乳頭から脇へ向かって約10センチの位置しており、押すと若干痛みを感じます。


・乳根(にゅうこん)
女性ホルモンの分泌を促進する効果が期待でき、母乳をよく出すとして有名なツボです。左右それぞれの乳頭の少し下、第5肋骨と第6肋骨の間にあります。


・天溪(てんけい)
乳腺に刺激を与えるツボです。乳腺が太くなればそれに付随する皮下脂肪も多くつき胸が大きくなります。左右の乳頭からまっすぐ脇の方へ辿り、バストの付け根の辺りにあります。骨と骨の間なので押すと少々痛みがあります。天溪から身体の内側に向かって左右同時にゆっくり押しましょう。


いかがでしょうか。いくつかご紹介しましたが、ツボ押しには注意しなくてはならない点があります。

まずは、サウナや飲酒後等の血行が良くなっている時は避けて下さい。発熱症状や体調が良くない時、妊娠中等も同じです。また、胸に影響を与えるツボではありますが、その即効性は高いものではありません。即効性を求めるあまり必要以上に強く押したり続けて行ったりするのは、皮膚を傷つけてしまう恐れもありますので控えましょう。

ツボ押しは、血液やリンパの流れを促進させる他にも、リラックス効果や美肌効果も期待できます。注意を守り、食生活や生活習慣、バストアップマッサージ等と併せて少しずつ行いましょう。





このページの先頭へ