バストは大人になっても成長するの?




女性にとって、美しく豊かなバストは是非とも手に入れたいと願うもの。この切実な想いは、いくつになっても変わることはないと言えるでしょう。

それだけに、バストアップが可能な年齢や成長に必要な要因などが気になるところです。女性の胸の成長についての基礎知識を、ここで改めて確認してみましょう。

バストの成長、何歳がピーク?

最近の研究では、バストの成長には年齢ではなく「初経」の時期が深く関わっているとされ、初経の前後約4年間で大きさや形が変化すると言われています。バストの成長・変化の流れは、以下のようなものとなります。

1.初経の1年以上前から:乳頭周辺がふくらむ
2.初経前後:乳房のふくらみが横に広がっていき、固くなっていく
3.初経後1~3年未満:全体的に丸みをおび、立体的にふくらむ
4.初経の3年後以降:丸い女性的な形に落ち着く


このことを踏まえると、成長のピークは乳房の形がほぼ完成する「初経の3年後」と言って差し支えないと言えるでしょう。初経を迎える年齢は10~15歳と個人差が大きいので、バストの成長期とそのピークも、人によって変わって来るというのが実情なのです。

ちなみに、バストの成長には乳腺で生成される「ラクトゲン受容体」と思春期に分泌が盛んになる「成長ホルモン」が深く関わりますが、バストの大きさには「女性ホルモン」が強く作用します。


そのため、バストの成長のピークは初経の開始時期に左右されますが、胸の大きさは成長のピークを過ぎてもUPさせることが可能とされています。


大人になってもバストアップは可能なの?



女性の胸の成長ピークは20歳前後となることがほとんどですが、この時期の女性の身体は成熟しているとは言えず、まだまだ未熟で脂肪もつきにくい状態となっています。

胸部に脂肪がつき、柔らかく女性的な乳房となるのは、むしろ大人になってからというケースが多いため、成長期を終えた20代以降の女性であってもバストアップは十分狙えます。


また、バストの大きさには女性ホルモンの分泌量が深く関わっているため、女性ホルモンの量を増やすことができれば、理論上は何歳になってもバストアップの可能性があると言って過言ではありません。

とはいえ、閉経後は女性ホルモンの分泌量が大きく減少するので、実質的には閉経までがバストアップを狙える期間であると言えるでしょう。


また、女性の胸は乳腺や大胸筋の発達をうながすことでサイズアップさせることが可能です。バストマッサージや大胸筋トレーニング、食生活の見直しやサプリメントの摂取などの対策を行うことで、胸を大きくするだけでなく、ハリのある美しいバストを手にすることができるということも覚えておきたいところです。

<関連記事>
女性らしい綺麗なデコルテの作り方


成人後にバストが大きくなった人の経験談



「バストアップに年齢は関係ない」という説明をさせていただきましたが、にわかに信じられないという方も少なくないと思います。そこで、実際に成人後に胸が大きくなったという方々の経験談を集めてみました。

生の声を是非参考にしてみて下さい。

「大学卒業後、1サイズアップしました!」

現在27歳ですが、大学卒業後くらいから胸が大きくなり、ブラのサイズがC65からE70へアップしました。考えられる要因には、以下のようなものがあります。

1.下着の選び方を変えた

大学在学時は、通販などで手頃な価格のブラを購入していました。サイズ選びも「アンダーとトップの大きさが近ければいいか」という感じで、あまり詳しく寸法もみていなかったですね。ワイヤーの形も、つけていて楽なやつばかり選んでいました。

ですが、社会人になってから下着にかけられるお金も増え、下着やさんでしっかりとサイズを測ってもらい、自分に合ったものを選ぶようになりました。

サイドボーンがしっかりと入り、わきや背中の肉をカップに収める力が強いブラジャーを選んだり、ワイヤーの形が胸にあったものを選んだりしているうちに、胸自体の形が整い、大きくなっていきました。

2.体重が増加した

20代前半は痩せ気味で、身長160cmに対して体重が43kg程度でした。食生活も貧相なものだったのですが、会社に入って上司から食生活の見直しを進められ、植物性タンパク質多めの食事(納豆や豆腐、豆類)を心がけたところ、体重が4kgほど増加しました。

それに伴って、胸やお尻が大きくなり、女性らしい身体に変化していきました。

「32歳ですがバストアップできました!」

今年32歳になりますが、半年ほどでD70からE65になりました。アンダーが細くなったので胸のボリューム的にはそう変わらないかもしれませんが、形やハリはかなりアップしました。

私がこの半年ほど心がけていたのは、バストアップサプリの服用とマッサージです。サプリメントは生理周期などをしっかりと確認しながら、効果的に成分が体内で働くようなサイクルで飲みつづけました。サプリをはじめる前にかかりつけ医にも相談し、結構勉強して飲み始めたので、効率のよい服用ができたと思っています。


マッサージは入浴の際に行い、マッサージオイルで優しくバストを労る感じで続けました。続けられないと意味がないと思ったので、一回につき5分程度で終わる簡単なものを行いましたが、効果はあったと思います。

バストアップのためではありませんでしたが、毎日踏み台昇降を30分程度行っていたせいで全身が締まり、腹部がほっそりしました。そのせいかアンダーも5cm細くなり、ブラのカップ数も上がりました。

<関連記事>
男性・女性が思う理想のバストとは?


大人になってからのバストアップを実現した方法はこれだ!



成人後の女性であっても、バストアップが十分可能です。とはいえ、具体的にどのような方法を実践すれば良いのか分からない、という方も多いかもしれませんね。

そこで、ここで簡単に毎日続けられるバストアップ方をご紹介してみたいと思います。

バスト周辺のリンパの流れを改善する

胸の周辺には老廃物が溜まりやすいのですが、そのままにしておくと胸ががちがちに固くなり、萎縮したような状態となっていまいます。これを解消することで、胸に柔らかさとハリを取り戻し、サイズアップしやすい状態にすることができます。

リンパの流れを改善するのに効果的なマッサージ方法は以下の通りです。

1.片腕を挙げ、もう片方の手のひらで「ひじ⇒二の腕⇒わきの下⇒鎖骨」の順番でマッサージ。
2.背中の方に手をまわし「肩甲骨周り⇒わきの下⇒鎖骨」の順番で再度マッサージ。
3.わきの下にあるくぼんだ部分(腋窩リンパ節)を指の腹で数回押す

マッサージ中、痛みやごりごりとした固い感触がある部分には、老廃物が溜まっている可能性が高いので、力を入れずに優しく揉みほぐしてあげましょう。そうすることでリンパの流れが正常となり、血行も良くなります。


自分に合ったブラジャーを選ぶ



下着は体型や身体のラインを整える、とても重要なアイテムです。もし、肩甲骨の辺りを触って、指でつまめるほどの贅肉があったら要注意!下着が合っていないせいで、肉が背中に流れてしまっている可能性があります。

ブラジャー選びは難しいように感じる方も多いかもしれませんが、下着専門店や百貨店やデパートの下着コーナーへ行けば、お店の方にサイズを測ってもらい、自分の体型や胸の形に合ったものを選んでもらうことができます。


他人に胸を触られるのは恥ずかしいかもしれませんが、美しく豊かなバストを手に入れるためにも、是非ブラジャーのフィッティングを行い、自分にピッタリのブラジャーを手に入れましょう。

バストアップに効く栄養素を体内に摂り入れる

バストアップには女性ホルモンの分泌の促進が欠かせません。女性ホルモンを活性化させる栄養素・成分には「大豆イソフラボン、ボロン、ビタミンE、プエラリア」などがありますので、これらを毎日の食生活の中で効率良く摂取できるよう心がけると良いでしょう。

また、毎日の食事で十分な量の栄養素が賄えない場合などは、バストアップサプリメントなどを活用するのも有効な方法です。


まとめ

  • 初経の三年後にピークを迎えるが、20代以降もバストアップする人は多い
  • 間違ってサイズの小さい下着をつけている可能性も
  • 大人になってからバストアップできたのは、マッサージや食事、サプリの効果が大きい
  • バストアップに必要な栄養素を、食事だけでは補いきれない場合は、サプリを活用するのがおすすめ!






このページの先頭へ