バストアップに効くヨガポーズ


ヨガのスクールも増え、雑誌でもちょっとしたポーズが紹介されていたり、誰もが一度くらいはヨガを試したことはあるのではないでしょうか?ヨガは激しい運動ではありませんが、継続することで大きな効果、嬉しい効果がたくさんあるんです。



まずはダイエット効果。ヨガはインナーマッスルを鍛えたり、日常ではほとんど使ってなかった筋肉が刺激されるため、基礎代謝力が上がります。そうすることで何もしなくても消費カロリーが多くなります。ヨガは有酸素運動でもあるので、脂肪燃焼効果もありダブルでダイエット成功の期待ができます。


また、ヨガの様々なポーズにより歪み改善され、筋肉をほぐし柔軟性を向上させ、肩こりや腰痛などの身体の不調を改善することができます。

さらには、リンパの流れを良くし、ホルモンのバランスを整える効果があるポーズもありますので、これは女性にとっては非常にうれしいことです。身体の巡りが滞っていては、バストアップに必要な女性ホルモンも活性化されません。


ヨガをすることでリラックスしたり、ストレス解消になることも重要です。精神的な負担に女性の身体はとても敏感なので、習慣付けることでストレスを溜めない自分を目指しましょう。これは暴飲暴食や、生活の乱れも防ぐことができます。

ヨガには様々なポーズがあり、それぞれにどの身体の部位に効果があるかが異なっています。よって、バストに効果のあるヨガのポーズを実践すればバストアップが期待できます!早速いくつかポーズをご紹介します。


まずはらくだのポーズ。立膝になり脚は腰幅、脚の甲はなるべく床につけます。両手を腰に置いて、息を吐きながら腰をゆっくりと前に押し出していくようにします。そして、息を吸いながら後ろに身体を反らせていきます。手は両足をそれぞれの手で足首やかかとを持つようにします。

大きく身体を反らせた状態で、ゆっくりと深い呼吸を数回します。吐きながら両手を腰に戻し、ゆっくり身体を起こしましょう。このポーズにより、バストアップはもちろん、姿勢の改善にも効果があります。


続いて合せき前屈。足の裏同士を合わせて座り、足を身体に引き寄せます。あぐらの変形のようなポーズです。息を吐きながら自分のおへそを見るような感じで、身体を前に丸めていきます。

今度は息を吸いながら腰を押し出すような感じで背中を起こしていきます。身体を上に伸ばす気持ちで、目線は上に上げます。息を吐きながら腰を折って手と身体を前に倒し、胸、顎、額を床につけます。骨盤、背中、モモの内側が伸びていることを意識しましょう。


これにより上半身のリンパの流れが改善し、ホルモンバランスを整え、骨盤の歪み修正の効果があります。女性にうれしい効果がたくさん詰まったヨガ。是非日常に取り入れてみてくださいね。






このページの先頭へ