自宅で手軽に実践できるバストアップ術




バストアップしたいけど、豊胸手術やホルモン注射は受けたくない……。そう思うのはごく自然なことだと思います。

できれば、あまりお金をかけず、普通に生活を送る中で理想の体型を目指していきたいものですよね。例えば、規則正しい生活だったり、バランスの良い食事だったり、自分なりのストレス解消法を見つけてみたり……。


美しいスタイルというものは、そういった“日常”の中から生むことは十分可能です。生活スタイルを改善する以外に、プラスアルファで「バストアップ術」を付け加えてみませんか?

今回ご紹介するのは「バストアップ術」。それも、自宅で手軽にできるものをピックアップさせていただきます。是非、今日から始めてみませんか?


バストアップの基本、姿勢エクササイズ



皆さんご存知でしょうか?

バストは20代ですでに下垂し始めるといわれているんですよ!今からでもすぐに始めたい美バスト習慣。基本となる姿勢エクササイズから見ていきましょう。

肩肋骨を持ち上げよう

これは背筋を伸ばすためのストレッチです。朝、目覚めた時、ベッドの上でできてしまうのでとても簡単。姿勢がよくなるだけで、バストの下垂を阻止できます。

①仰向けの状態で両手を天井に向かって上げます。(この時、枕は外しておいてください)
②肩肋骨を持ち上げながら、上へ上へと伸ばします。肩肋骨を天井へと伸びていくことをイメージするとよいです。
③元の状態に戻り、同じ動作を10回程度行ってください。また、ゆっくりと呼吸をしながら行いましょう。

猫背を改善しよう

現代人に多い「猫背」。自覚はなくても実は猫背だったなんてことも少なくありません。特に、デスクワークをしている方は要注意。血流の悪化はバストアップにとって天敵です!猫背を改善するストレッチを行いましょう。

①座った状態でもOK。もちろん立った姿勢でもOKです。左右の腕を横に伸ばしてください。
②その位置から、肘を曲げ、両手を肩のところまで持ってきます。この時、肘の高さは地面と平行になっていることを確認しましょう。
③肘を曲げた状態で、ぐるぐると回してください。筋肉が凝っている場合、パキパキと音が鳴るかもしれません。
④その動作を、前と後ろ10回ずつ行ってください。


姿勢の改善は肩こりにも効果的。是非デスクワークをやられている方におススメです♪

<関連記事>
体の歪みを治すと胸が大きくなる?


座ったままでOK!大胸筋トレーニング



トレーニングと聞くと、それ用のウェアに着替えて器具を準備して……と、少々面倒くさそうなイメージですよね。しかし、ここでご紹介するのは家にいながら、しかも「なにかをするついで」にできてしまうバストアップエクササイズです!

食事をするたびにできちゃう!?

ボリュームのあるバストをキープするために必要な、“大胸筋”を鍛えるためのトレーニング。とはいっても、食事の前後に合掌のポーズをするだけの簡単なものです。

①姿勢を正した状態で、両手を胸の前で合わせます。
②肘を肩のラインまで下げ、直角になるよう曲げてください。
③まずはそのまま、10秒間、手のひらを押し合いましょう。
④次に合わせた手を左脇まで持っていき、10秒間手のひらを押し合います。
⑤同様に右脇でも同じ動作をしてください。

テレビを見ながらでもできちゃう!?

①椅子に座った状態で、足を軽く開いてください。
②両手を使って太ももの外側から足を閉じるように力をいれましょう。
③同時に、手の力と反発するように、足を開こうとして力をいれてください。
④そのまま、10秒間キープします。これを5回ほど繰り返すと大胸筋が鍛えられます。


バストアップにはバストを支える“大胸筋”のトレーニングが欠かせません。是非、毎日思いついた時にでも、このトレーニングをやってみてくださいね♪

<関連記事>
バストアップに効果的な有酸素運動とは?


家事をしながらできる、肩甲骨ストレッチ



肩甲骨のストレッチをすると、血行やリンパの流れが良くなり、バストアップ効果が期待できます。実は、肩甲骨のストレッチは家事をしながらでもできるんですよ!

ここでは、その方法を挙げていきたいと思います。

部屋の拭き掃除をしながら……

皆さんは、いつも「面倒臭いなぁ~」と思いながら部屋の掃除をしていませんか?その面倒臭い掃除の最中、バストアップすることを意識してみれば、その心持ちは随分と変わることでしょう。

部屋の拭き掃除、特に壁や窓などで、高いところにある汚れを拭かなければならない時、あなたはどのようにして掃除しますか?


おそらく、雑巾などを使い、手を左右に大きく動かして拭くことと思います。その動きが、実はバストアップに役立っているんですよ。なぜなら、手を大きく動かすことにより、肩甲骨も大きく動くからです。

バストアップを意識するなら、左右の手を平等に使うようにしましょう。

<関連記事>
バストの悩み、左右で大きさがちがう…

洗濯物を入れる時に……

こちらは、洗濯物を取り込むときにササッとできてしまうストレッチです。使うものはただ一つ。タオルです。

①両足を肩幅に広げてください。
②両手を大きく開き、肘を伸ばした状態で、タオルの端を左右の手で握ります。
③そのまま少しずつ手を上にあげていきましょう。頭上を越えても、肘を伸ばしたまま後ろまで回していきます。
④ゆっくりと元の状態に戻りましょう。これを、15秒前後で行うってください。


以上、自宅で手軽に実践できるバストアップ術についてご紹介しました。

肩こりの改善にもなり一石二鳥ともいえるトレーニングやストレッチ、いかがでしたか?規則正しい生活に加え、今回紹介したバストアップ術を取り入れてみてください。

きっと、あなたのバストアップに役立つことと思いますよ!

まとめ

  • 姿勢を正すことでバストの下垂を阻止できる。
  • 肩肋骨を持ち上げるエクササイズが有効。
  • 猫背による血流の悪化はバストアップにとって天敵。
  • バストアップには、バストを支える“大胸筋”のトレーニングが不可欠。
  • 合掌のポーズで大胸筋が鍛えよう。
  • 家にいながら、家事をしながら体を動かしてバストアップ目指そう!




このページの先頭へ