豊胸手術、妊娠や授乳への影響は?


思春期を迎えれば、どの女性の胸も一様に大きくなるわけではありません。女性の胸のサイズには個人差が大きく、大人になっても小さいままのバストに悩む方が少なくありません。



現代では美容外科での施術がより身近なものとなり、「働いてお金を貯めたら豊胸手術しよう!」と決めて、これを実現する方もたくさんいます。希望通りの豊かな胸を手に入れることは自信につながり、ファッションの幅も広がりますよね。


しかし、女性の大きなライフイベントである「妊娠・出産」を迎えるとき、自信をもたらしていた豊胸が、一転して不安の種となってしまう可能性があるのです。

出産準備として、妊婦の胸はかなり大きくなり、出産後には乳房でたくさんの母乳を生産します。このような妊娠・授乳による胸の変化は、豊胸手術によって何らかの影響を受けるものなのでしょうか?

結論から言えば、豊胸手術をしたからといって妊娠・授乳は可能です。実際に手術経験者の方で、問題なく子育てをしている方は大勢います。


しかしこの結論は「直接的には影響しない」「リスクの確率が少ない」ということであって、まったくリスクがないというわけではありません。

リスクが懸念されるのは、豊胸バッグ挿入法で施術したケースです。豊胸バッグの挿入場所は2通りから選ばれ、いずれの場所も、母乳を生産する乳腺には影響がありません。ただし、あってはならないことですが挿入の施術時に乳腺が傷つき、妊娠・授乳で乳腺が発達する際に炎症を起こしてしまう、というリスクが考えられます。


怖いのは、乳腺の発達により胸が急激に大きくなり、その圧迫によってバッグが変形・破損してしまう可能性です。バッグの中身の生理食塩水やシリコンは、人体に悪影響を与えるものではありませんし、万が一破れても中身が乳房内に飛び散るという最悪の事態にはなりません。

それでも、入れ替えや除去など何らかの処置の必要が出てきますし、そのまま授乳をするというのも不安です。医師に大丈夫と言われてもやはり不安で、妊娠の前にバッグを抜去をする方もいますが、その場合は抜去費用がかかります。だからといって、不安なままストレスを抱えて妊娠を継続するのも良くありません。

妊娠を予定していて、かつ豊胸もしたい場合には、ヒアルロン酸・脂肪注入法での豊胸をお勧めします。


時間の経過とともに注入成分が体に吸収されていくため、少しずつバストアップ効果はなくなりますが一時的に豊かな胸を得られ、かつ乳腺に影響する心配がありません。

また、妊娠・授乳中は体内で様々な変化が起こります。体が敏感になっているために、バストアップのサプリメント成分が、思わぬ反応を引き起こさないとは言い切れず、期間中のサプリ摂取は控えたほうが無難です。美しく豊かな胸を求める気持ちも大切にしたいですが、将来的な体の変化を見据え、正しい情報で安心できる選択をしてください。






このページの先頭へ