豊胸手術、乳がん検診は受けられる?


豊かな胸に憧れ、豊胸手術を考える女性は少なくありません。痛みや術後の制限を乗り越えて理想の胸を手に入れたときの喜びは、大きなものでしょう。



しかし豊胸手術を受けるということは、胸の中に異物を挿入したまま長く生活するということです。その後の生活で何らかのリスクがないのかを、事前に知っておく必要がありますね。

手術を検討する方から多く聞かれるのが「豊胸手術を受けていたら乳がん検診が受けられないって本当?」という相談です。実際に乳がん検診が受けられないのか、その理由とともに確認しておきましょう。

30~40代の女性は、定期的に乳がん検診を受けることを推奨されます。がんは早期に発見するほど治癒率か高まるため、定期検診が重要になるのですが、その問診では、「胸に人工物を挿入していますか?」という項目が必ず入っています。


つまり「豊胸手術を受けているかどうか」という確認です。これを聞かなければならない第一の理由は、豊胸手術でプロテーゼと呼ばれるシリコンバッグを挿入している場合、マンモグラフィー検査を行うのは難しいためです。

乳がんの検査方法のひとつであるマンモグラフィーは、2枚の板で乳房を挟みこんで伸ばし、圧迫することで、しこりやがん細胞の石灰化の有無を確認します。この圧迫時に、バッグの変形や破損が起こる可能性があるのです。


一定の圧力がかかると機械が停止するようになっているので、実際にバッグの破損が起こる可能性は低いですが、圧力をかけられないということは正確な診断ができないということでもあります。これでは検診の意味がありません。

続いての理由として、豊胸手術による誤診が起こりやすい点が挙げられます。乳がん検診では、マンモグラフィー以外にエコー(超音波)検査が用いられますが、画像上でシリコンバッグがしこりのように見えるために、悪性腫瘍と誤診される可能性があります。


ヒアルロン酸や脂肪を注入する豊胸を受けている場合、注入物がやはり悪性腫瘍に見えたり、豊胸手術自体で発生したしこりを乳がんと見間違うケースもあります。

このような背景があり、豊胸を申告せずに乳がん検診を受けることはできませんし、柔軟な対応が進んでいるとはいえ、今も「豊胸経験者の乳がん検診はお断り」というクリニックが存在します。


整形先進国のアメリカでは、豊胸手術経験者には、2年に一度のMRIによる乳がん検診が薦められています。日本の場合には、乳がんのためのMRI検査を受けるとすれば、3万円ほどの実費を支払わなければなりません。

豊胸を行う美容整形外科を選ぶ際に、乳がん検診も行っているところを選択し、以降はそこで検査してもらう、という方法があります。しかし職場で検診場所が指定されている場合など、困ってしまいますよね。

こういった様々なリスクを考えるなら、豊胸手術に踏み切る前に、まずはバストアップサプリやマッサージを試してみてはいかがでしょうか。





このページの先頭へ