豊胸した彼女、男性はどう思う?


人間は理想を求める動物です。「女性らしいスタイルを手に入れたい」「男性からもっと注目されたい」「恋人に喜んでほしい」という気持ちで、バストアップを望む女性はたくさんいます。



最も確実に短期間でバストアップできる手段が、豊胸手術です。その歴史は古く1895年にまで遡ります。当初は胸への注入物に様々な素材が試されてきましたが、シリコンの登場によって格段に豊胸手術の市場は拡大し、一時期は世界で1000万人もの女性が豊胸手術を行っていたと言われます。

女性としては、美や愛情、自信を求めての豊胸手術ですが、一方で男性は、豊胸した女性のことをどう感じているのでしょうか。

豊胸に肯定的な意見では「大きいおっぱい最高!」「男はすぐに見抜くし、自分は気にしない」「美意識が高いのはいいこと」といったものがあります。やはり大きい胸が好きだという男性には素直に喜ばれるケースがあるようです。

しかしより多くの意見を見てみると、豊胸には否定的な考えの男性がかなり多い、というのが事実です。

「痩せた子が急に大きなおっぱいになるなんてありえない。豊胸はもろバレ」「形も手触りも人工的で嫌な感じがする」「違和感を感じる」「Hのときに萎えてしまう」「隠し事をされたことが嫌。最初から話してほしかった」「意味がない」といった意見が目立ちます。

男性は大きい胸が好きなんじゃないの?と思うかもしれませんが、大きければいい、というものではないようです。とにかく巨乳が好きな方もいますが、それ以上に重視されるのは体全体のバランスに合っているサイズかどうか、ということ。

そのため、手に収まるぐらいの小ぶりなサイズがいいという意見は多いですね。そのほか、ハリやツンとした形、触り心地の良さが、男性が理想とする胸の条件に挙げられています。

手術法によっては豊胸かどうか分からない、という男性もいますが、ほとんどの場合は「触ってすぐに分かった」「固い感触がする」という感想が多く、理想の条件には適わないということなのです。

特にシリコンバッグの場合には、すぐにバストアップできる反面、抜去するまでずっと体の中に異物が入ったまま生活する、というのが豊胸手術です。いらなくなったらすぐ取り外せるというものではないことを、しっかりと覚悟してから手術する必要があります。

人工的なものを体に入れて豊胸するのではなく、バストアップに効くサプリメントやエクササイズを続けることで、時間をかけて今の胸を大きくできれば、自分のスタイルへの自信も、恋人・パートナーの愛情も、両方得ることができますよ。




このページの先頭へ