バストアップサプリに副作用やリスクはあるの?




手軽だからこそ試す方が多いバストアップサプリですが、副作用についての報告があることを知っていますか?すべてのサプリが危険なわけではないですし、用法を守って飲むことで希望のバストを手に入れることができた方がいることもまた事実です。

バストアップサプリの副作用はどのようなときに起こってしまうものなのかを知り、服用の際に守るべき注意点を確認してから利用するようにしましょう。


バストアップサプリで起こり得る副作用とは?



具体的な症状としては、生理不順や頭痛、吐き気、肌荒れ、倦怠感、貧血、下痢や便秘などが挙げられます。副作用は、過剰に摂取した場合や生理中の時、妊娠中の方やサプリをお酒で飲んだ時などに現れやすいと言われています。

バストアップサプリで副作用が起こるのはなぜ?

バストアップサプリ成分は、女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンに働きかける作用を持っています。不足したホルモンを補ったり、バランスを調整することで、正常なバストアップ機能がもたらすことが狙いです。

不足しているホルモンがちょうどよく補充されてバランスが整えばいいのですが、サプリの摂取時期や摂取量によって、いずれかのホルモンが過剰になってしまうことがあります。

例えば、卵胞期に摂取することになっているプエラリアを黄体期に摂ることで、エストロゲンが増加し過ぎて「エストロゲン優勢」と呼ばれる分泌異常になり、上記で挙げたような副作用が起こりやすくなります。

<関連記事>
バストアップ、女性ホルモン注射はできる?


バストアップサプリのリスク、乳がんや子宮筋腫の危険性は?



サプリの主成分であるプエラリアはバストアップに大きな効果がありますが、言い換えると、それだけ女性ホルモンへの影響も大きいと言うことです。

そこで心配になるのが、乳がんや子宮筋腫と言った婦人系の病気です。いくらバストアップしたいからと言って、自ら病気のリスクを高めることだけは絶対にしたくありませんよね。

現在バストアップサプリを飲んでいるという方はもちろん、これからチャレンジしようと考えている方。バストアップのリスクについてもしっかりと確認しておく必要があります。

乳がんになりやすくなると言うのはウソ?



ネット上では「バストアップサプリを飲むと乳がんになる」などの噂が囁かれていますが、プエラリアに発がん性はありませんし、がんの発症率が上がったとの研究報告は現在のところ証明されていません。

バストアップサプリで摂取するのは植物性エストロゲンですので、正しい用法・用量で飲んでいればそこまで深刻な副作用が出ないとされています。しかし、エストロゲンが増えすぎた場合には、乳腺に刺激を与え乳がん発症のリスクを高める可能性はあると言えます。


これを聞くと不安に思ってしまいますが、問題なのはバストアップサプリの過剰摂取です。誤った飲み方をすればホルモンバランスを乱し、乳がん細胞の増殖を促すことも考えられますので注意しなくてはなりません。

また、がんは食べ物やアルコール、喫煙やストレスなど様々な要因が合わさり、傷つけられた細胞がガン化することによって発症するものです。そのため、サプリの過剰摂取に気を付けることに加え、普段の生活習慣を見直すことも乳がん予防には大切なことです。

子宮トラブルがある方は要注意!



ホルモンバランスの乱れは子宮へも影響を及ぼしますが、やはり用法・容量守ってサプリを服用することでそのリスクは避けられます。

ただし、現在、子宮筋腫ができているという方や子宮筋腫の傾向が見られる方は、バストアップサプリによって子宮筋腫が進行してしまう危険性があります。

そのため、生理不順や生理多量出血、不正出血など子宮トラブルがある方は、まずは婦人科を受診することをお勧めいたします。そして、サプリを服用する場合は医師へ相談を仰ぐ必要があります。

生理不順が改善されることも・・・!

一方で、バストアップサプリによって不足していた女性ホルモンが補われたことで、生理不順が改善されたという声も多くあります。

また、40代以降になると、閉経に向かって女性ホルモンは減少していき、更年期障害に悩まされる方も少なくありませんが、サプリを飲むことによって更年期特有の不快な症状が緩和されたとの例もあります。

<関連記事>
バストと女性ホルモンの関係

このように、バストアップサプリは飲み方次第で大きな危険性もひめていますが、人によってはバストアップ以外の嬉しい効果も期待することができます。


バストアップサプリを安全に飲むためには?



バストアップ本来の目的のためにも、健康のためにも、副作用やリスクを避けてサプリを服用するには以下の注意点を守ることが絶対条件になります。

1.用法・用量を守ってサプリを飲む!

バストアップサプリは薬ではありませんが、女性ホルモンに働きかける成分が高濃度で入っていますので、誤った飲み方をすれば副作用のリスクはグンと高まります。

「サプリメントは食品と同じだから安全」と思い込んでしまい、早くバストを大きくしたいからといって規定以上の量を飲んでしまう女性は少なくありません。他のサプリにも言えることですが、どんな食べ物であっても食べ過ぎは体に毒なのです。

上でも述べたように、ホルモンバランスの乱れは、頭痛や吐き気などの副作用はもちろん、婦人系疾患の発症につながることもありますから、過剰摂取は絶対に避けましょう。

2.摂取するタイミングに注意!



女性の身体は月経周期に合わせて二つの女性ホルモンの分泌量が変化します。卵胞期にはエストロゲン、黄体期にはプロゲステロンの分泌がそれぞれ活発化します。

注意したいのはプロゲステロンが増える黄体期の摂取です。通常、女性ホルモンは一定の割合が保たれることで健やかな状態を作り出しています。

しかし、バストアップサプリの主要成分であるプエラリアには、エストロゲンに似た働きがあるため、プロゲステロンの分泌が増える時期に摂取してしまうとホルモンの分泌異常が起こり、副作用が起きやすい状態になってしまうのです。


そのため、プエラリア配合のバストアップサプリは卵胞期(=生理が終わった後)に摂取するのが良いとされています。しかし、バストアップサプリの中には女性の月経周期に合わせて服用できるように2種類処方されたものもあります。

副作用が心配・・・という方は、そちらを試してみると良いでしょう。


このように、サプリがどんな働きをする成分で出来ているのかをしっかり確認し、それぞれの用法に書かれた摂取量、摂取時期を守る必要があります。

<関連記事>
バストアップサプリ、効果的な飲み方と摂取するタイミング

3.海外のサプリに要注意!



販売されているバストアップサプリの中には、サプリ先進国であるアメリカ産のものも多くあります。日本国内で言う「サプリ」には医薬成分は含まれませんが、アメリカの商品は医薬品に含まれることもあるため、効果が強いぶん副作用も大きくなる可能性があります。

また、アメリカ人の体質に合わせて作られたものですので、日本人の体質には合わず、用法・用量通りに飲んだとしても副作用が出る場合もあります。


ネットでは海外産のサプリを簡単に買うことができますが、質の悪い商品もありますし、何か悪影響が起こっても自己責任となりますので安易に購入するのは考え物です。

国産のサプリでも副作用のリスクはありますが、サプリの内容成分をしっかりと確認することができますし、栄養やホルモンバランスを考慮した複合成分で構成されているものがほとんどです。また、薬品成分が含まれていませんので長期的な服用を考えると、やはり日本製のほうが安心できますよね。


安心して飲み続けられるバストアップサプリを、その作用・効果を理解したうえで選び、自分の体調に合わせつつ「バストアップできるはず」と信じながら飲むことが成功の秘訣です。

下記では、生理周期に合わせて飲めるサプリや、複合成分配合で安全性の高いサプリを紹介していますので、バストアップサプリをお探しの方はぜひランキングを参考にしてください。

まとめ

  • バストアップの副作用には頭痛や吐き気、生理不順などが挙げられる。
  • バストアップの副作用は過剰摂取によってリスクは高まる。
  • 過剰摂取は婦人系疾患を招く恐れもあるので要注意。
  • 子宮の病気がある方はバストアップサプリを控えなくてはならない。
  • 副作用を起こさないためには用法・用量を守ることが大切。
  • 日本製のサプリは、栄養やホルモンバランスを考慮した安全処方が魅力!




このページの先頭へ