話題の育乳ブラとは?


ノースリーブの服で、脇のお肉がブラからはみ出していませんか?小さすぎたり、形が合っていないブラを長期間着け続けると、胸がその形に抑えつけられてしまい、せっかくのバストアップの機会を逃してしまう可能性があります。



様々な補正下着がデザイン・販売されていますが、注目は「育乳ブラ」です。ただ形のいいバストに見せるだけでなく、その名の通りつけることでバストを育てていくというブラジャーです。


美乳が羨ましいモデルや女優さんは、もともとスタイルが良かった方もいるでしょうが、育乳ブラをつけて形のいいバストを作っているという方もいます。育乳ブラを利用して、あなたのバストアップの可能性を増やしてみましょう。

育乳ブラのカップは、一般的なブラよりも少し大きめです。自分には大きいかも?と思えるカップでも、背中や脇、アンダーバストの胸回りの脂肪をカップの中に集め収めると、自分でも「こんなに大きかった?」と思うようなバストが出来上がります。


育乳ブラは、体の揺れによって大胸筋が鍛えられるような構造をしています。これを着け続けることで徐々にカップ内の肉がバストに定着し、筋肉によりしっかり引き上げられていくのです。

育乳のステップアップとして、まずは幅広ワイヤーの働きで胸回りのお肉を集めて土台を作り、バージスライン(乳房の下から脇を結ぶライン)のはっきりしたバストを目指します。


バージスラインが出来たら、カップ間が狭いブラでお肉を中央に寄せ、バストの高さを出していきます。最後に、きれいなお椀型になるよう持ち上げて形を整えれば、理想のバストの出来上がりです。

ブラを外してもきれいな肉がかたちづくられるまでには、数年が必要です。しかし装着時のバストラインはすぐに美しく見えますから、「嬉しくて何度も下を向いて自分の胸を見てしまう」という体験談も聞かれますよ。


補正下着なのに締め付けがきつくなく楽に過ごせるものや、おばさんっぽくない可愛いレース生地など、機能性・デザイン性も様々に工夫されています。

育乳ブラは、自分の胸に合っていること、つけ方が正しいことが重要です。直接ショップで教えてもらったり、通販ならサイトに詳しく書かれている計測法や装着法をしっかり読んでください。


価格には幅があり、安くて8000円程度、高いものでは5万円弱のものも。一概に安いものが悪く高いものがいい、というわけではありませんが、品質を見極め、しっかり吟味して選びたいですね。

もともと痩せ型の体型や体質などで、いくらいい育乳ブラを使っても寄せる肉がない・・・という方もなかにはいらっしゃいます。試着してみたけれどうまくいかない場合でも諦めずに、マッサージやバストアップクリーム、サプリなどを利用してのバストアップ法を選んでみてください。





このページの先頭へ