バストアップクリームは効果あるの?




バストアップの方法は様々ありますが、割と手軽にできて効果を実感しやすいと言われているのが「バストアップクリーム(豊胸クリーム)」です。

バストへの働き方は異なりますが、相乗効果を狙ってバストアップサプリメントと併用する方も多くいます。ここでは、そんなバストアップクリームの効果やメリット・デメリットなどについて見ていきます。


バストアップクリームとは?



たくさんの商品があり通販でも手軽に購入できますが、バストアップクリームにはどんな効果あるのか、さらに副作用の心配はないのか、その点をきちんと知ったうえで使用したいものです。

安心して使うためにも効果をより高めるためにも、バストアップクリームについての情報をまとめます。

バストアップクリームの有効成分

バストアップクリームに含まれる代表的な成分には、有名なプエラリアのほか、イソフラボン、ボルフィリン、コラーゲン、プラセンタ、ヒアルロン酸などがあります。

例えばプエラリアやイソフラボンは女性ホルモンに働きかけることでバストアップを目指しますし、その他成分はバストにハリやつや、弾力を与えることでバストアップや美容効果が得られるようになっています。

バストアップクリームは、バストの外側から内側へ、下から上へと優しく塗り込むだけの簡単ケアですので、サプリメントと並んでバストにお悩みの女性に人気のアイテムとなっています。


バストアップクリームのメリット


1.コスパが良い

バストアップ成分についての研究は盛んで、新成分・新商品がどんどん生まれてきています。

商品によって値段もピンキリですが、一見すると高額であっても、バストアップクリームならではの有効成分がたっぷり含まれていることや、容量もたくさん入っていることからコスパは良いと言われています。

2.ピンポイントにケアできる

塗るだけでいいので「忙しい自分にもできるかも」「飽きっぽいけど続けられそう」と感じる方も多いでしょう。バストにピンポイントで塗ることができますので、他の部分に影響を与えることなくケアできちゃいます。

入浴後、ボディケアの一環としてバストケアすると良いでしょう。血行が良い状態に行うと効果は高まります。バストアップサプリとクリームで、体の内・外両方からアプローチできるのも嬉しい点です。

3.副作用が少ない

サプリの場合、有効成分は体内に分散されてしまい、胸以外の箇所に影響が及ぶことがあります。しかし、クリームの場合は有効成分をバストに限定して届かせることができますので副作用のリスクは少ないと言えます。

4.マッサージをプラスすれば効果UP

バストアップクリームの魅力は、マッサージクリームとしても使用できる点です。

バストのサイズアップを図るために重要になるのが乳腺の発達や血行促進です。マッサージによって乳腺を刺激し、血流が良くなることで、バストに有効な成分を隅々まで行き届かせることができるため、バストアップクリームとマッサージの相乗効果が期待できます。

マッサージ効果によって、女性の憧れでもあるふっくらと上向きバストに近づくことができますよ。

<関連記事>
自宅で手軽に実践できるバストアップ術

5.美肌ケアもできる

商品によっては、バストアップ成分の他、コラーゲンやプラセンタ、ヒアルロン酸などの美容成分が入っているため、バストアップを目指しながら美肌ケアすることができます。

女性の魅力はバストの大きさだけではありませんよね。お肌が綺麗だとさらに美しさはアップしますので、バストアップクリームできめ細やかで透明感のあるデコルテも手に入れることができるでしょう。


バストアップクリームのデメリット


1.ケアに場所を選ぶ

サプリメントであれば、周りの目を気にせず、水さえあれば出先でも簡単に飲めちゃいますよね。しかし、バストアップクリームの場合は、直接バストに塗ってあげなくてはなりませんので、ケアする場所は自宅に限られてしまいます。

そのため、帰りが遅い日は帰宅後に塗るのが面倒になってしまったり、急なお泊りが入っちゃった時はケアができなかったり、サプリに比べて利便性は劣ります。

サプリもクリームも、毎日コツコツとケアすることで次第に効果が現れてくるものですから、この点は大きなデメリットだと言えるでしょう。

2.効果が出るまでに時間がかかる

効果の出方には個人差がありますが、バストアップクリームはサプリと同様に即効性は期待できません。

中には使用してから数日で「バストにハリが出た」と変化を感じる方もいるようですが、一か月経過してから徐々に変化が現れた人、数か月使用しても全く効果が出なかったという人もいます。

3.副作用の心配

バストアップ成分については、その効果や副作用が十分に確認されていないものがあるのも事実です。

配合されている成分によって副作用も異なりますが、プエラリアやイソフラボンなど女性ホルモンにアプローチする成分がある場合には、生理不順、生理痛のほか、貧血やめまい、頭痛、胃痛、下痢、便秘や肌荒れと言った症状、不妊症のリスクがあるという指摘もあります。


直接体内に入るサプリとは違い、皮膚上への塗布ですのでそこまで大きな問題点は指摘されていませんが、体質によりこういった異変を感じる方もいます。

また、皮膚に直接塗ってケアすることから、肌に合わない場合は湿疹やかぶれなど肌荒れに関するトラブルが報告されています。また、刺激によってニキビが悪化する可能性もありますので、デコルテにニキビがある場合は注意して塗らなくてはなりません。


購入が手軽とはいえできるだけ安心できるメーカー・商品を選んで、指定の用法をしっかり守ること、規定よりも少量の使用から始めて、体調の変化を感じたら止めるなど、より慎重な利用が必要です。


バストアップクリームの選び方



バストアップクリームも探せば様々な商品がヒットしますよね。種類が多すぎて、いったいどれを選べば良いのかわからない・・・とお困りの方も多いでしょう。中にはバストアップ効果がないクリームも存在しますので、選び方には注意が必要です。

最も注目してもらいたいのはやはり配合成分です。バストアップにはプエラリアが有効ですが、一方で副作用が気になっている方も多いと思います。

副作用が少ないとされる成分に、植物の根を原料として開発されたボルフィリンがあります。

ボルフィリン配合のバストアップクリームがおすすめ!

ボルフィリンと言う名はある化粧品メーカーによって名付けられたもので、一般的には「ハナスゲ根エキス」という名で記載されています。

バストアップ成分として代表的なプエラリアやイソフラボンなどは、女性ホルモンの働きをサポートし、バストアップに繋げるというものでした。しかし、ボルフィリンは脂肪を増殖させて胸のボリュームやハリを生み出すという、全く異なる形でバストにアプローチします。


バストにピンポイントでケアすることができ、効率良くバストアップ効果が得られると言われています。臨床実験によると、1ヶ月で6%のサイズアップが見られたというから驚きですね。

バストのハリ・弾力感アップの他、デコルテが綺麗になったり、乳首のサイズも大きくなったと喜ぶ口コミもあります。また、この特性を利用してヒップにも使用すれば、さらに女性らしいグラマラスボディを手に入れることができるでしょう。


ただし注意点もあります。クリームでケアすると、最後ついつい手に塗り広げてしまいたくなりますよね。しかし、ボルフィリンは塗布した箇所に脂肪が増えてしまうため、クリーム使用後はしっかりと手を洗わなくてはなりませんよ。

<関連記事>
バストアップ成分、ボルフィリンとは


このような注目成分を試してみるのもいいですが、やっぱり副作用が怖い・・・という方は、まずは一般的なボディクリームを利用して、マッサージそのものに力を入れてみましょう。十分にバストアップ効果が得られる可能性があり、出費や健康面の心配もありません。

バストアップサプリメントとの併用もおすすめ!



バストアップマッサージによる外側からのケアと、サプリメントによる内側からのケアでバストアップ効果は高まります。ただし、プエラリアなどホルモンをサポートする成分を摂取しすぎてしまうと、副作用のリスクが高まってしまいますので、その際はサプリメントのプエラリア配合量に注目しなくてはなりませんよ。

今は、副作用が心配な方でも安心して飲める低い含有量のプエラリアサプリもありますので、バストアップマッサージと併用したいという方はそちらを試してみると良いでしょう。下記では、口コミでも人気のバストアップサプリメントを紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。


 バストアップサプリメントの人気ランキング!







このページの先頭へ