豊胸手術の種類と費用について

豊胸手術のカウンセリング

豊胸手術はその名の通り、胸を大きくする手術を指します。

近年雑誌やTVで取り上げられる機会も増え、美容外科の中でも特に要望の多い手術となりつつあります。
 

豊胸施術を希望する理由としては、「小さな乳房を、もう少しボリュームアップさせたい」「たるんでしまった胸に、ハリを取り戻したい」「急激なダイエットや出産でしぼんだ乳房を、元の大きさに戻したい」などがあります。

ここでは、以前と比較して身近になりつつある豊胸手術の、種類や費用などについての基礎知識をご説明していきます。

豊胸手術について

豊胸手術をした女性

豊かでハリのあるバストを手に入れる方法はいくつかありますが、確実かつ短期間で胸を大きくしたい場合は、豊胸手術が一番適しています。

豊胸手術は主に美容目的で行われる手術のため、乳がんや怪我などで切除された乳房を再建する手術とはまた別のものとして扱われます。
 

そのため、健康保険が適用される乳房再建手術と異なり、豊胸手術は保険適用外の自由診療となるので注意が必要です。

豊胸手術の方法には様々なものがありますが、一般的には以下の3種類に大別されています。

豊胸手術の方法
  1. バッグプロテーゼ挿入法(シリコンバッグ挿入法)
  2. 脂肪注入法
  3. ヒアルロン酸注入法

従来、豊胸手術の主流はシリコンバッグを胸に挿入する方法でした。

しかし近年は美容外科技術の進歩の結果、メスを使わない施術や、身体の他の部位についた不要な脂肪を抜き取り胸に注入するといった手術も行われるようになり、女性の幅広い要望をカバーできるようになりました。
 

とはいえ、手術によってメリット・デメリットが異なってきますので、事前に医師と良く話し合い、十分に納得した上で手術に臨むことが重要です。

また受ける手術によって、必要となる費用や入院の期間、胸の変化の度合い(カップ数をどの程度上げられるかなど)も大きく異なります。
 

そのため契約書や同意者などは、事前に細かな部分までしっかりと確認しておきましょう。

豊胸手術の種類について

クリニックで受けられる主な豊胸手術は、先に挙げた「バッグプロテーゼ挿入法(シリコンバッグ挿入法)」「脂肪注入法」「ヒアルロン酸注入法」の3つがあります。

それぞれのメリット・デメリット、具体的な手術内容や特徴を見ていきましょう。

1.バッグプロテーゼ挿入法(シリコンバッグ挿入法)

バッグプロテーゼ

ジェル状、液体の内容物が詰められたバック(インプラント)を挿入する豊胸手術です。

内容物には、シリコンやコヒーシブシリコン、生理食塩水やハイドロジェルなどがあり、体質や骨格、乳腺や脂肪の形状や状態、触り心地やなりたいサイズに合わせて適したものが選択されます。
 

現在主流となっているのはコヒーシブシリコンで、特にアメリカのMcGhan社が開発した安全性の高いバイオセルバッグが人気です。

最近は日本国内でも取り扱う医療機関が増えてきているので、興味がある方はお近くの美容整形外科に問い合わせてみるとよいでしょう。
 

またバッグを挿入する位置によって、手術方法も「大胸筋下法」「乳腺下法」「大胸筋膜下法」などに分けられます。

自分にとって理想のバストを手に入れるためにも、なりたいバストのイメージを明確にして、医師のカウンセリング時にきちんと伝えましょう。

バッグプロテーゼ挿入法のメリット

脂肪やヒアルロンと異なり、バッグは体内に吸収されることがないため、脂肪注入法やヒアルロン酸注入法と比較して、大きく形の良いバストを長期間保つことができます。

さらにバストアップ効果が高く安定性があり、形についての自由度も高めとなっています。
 

そして外科手術が必要となるため、費用が高額になると考えられがちですが、1~2カップ程度のサイズアップであれば、他の手術よりも総費用が低く抑えられるケースが多いです。

バッグプロテーゼ挿入法のデメリット

メスを使用する手術のため、バッグを挿入する位置や医師の技術力によっては、傷口が大きく目立つ可能性があります。

術後に続けることになるマッサージなどのアフターケアの際、強い痛みや引きつりを感じるケースもあります。
 

場合によっては強い痛みのあるマッサージを数週間続ける必要もあるので、心配な点は手術前に、納得いくまで医師に確認しましょう。

その他、挿入したバッグが経年劣化する、破損して内容物が漏れてしまう、傷口などからの細菌感染などのリスクがあることも理解しておく必要があります。
 

特にバッグが体内で破損してしまった場合、バストが急激にしぼむだけでなく、早急な緊急処置や再手術が必要となる可能性があるため、万が一の際の対応策も確認しましょう。

バッグプロテーゼ挿入法にかかる費用

挿入するバッグの種類によって費用は異なりますが、50万円~120万円が一般的な相場となっています。

人気のバイオセルバッグの場合は、90万円~110万円が目安となっています。

参考

ソフトバイオセルバッグTHE CLINIC

2.脂肪注入法

脂肪注入法は、臀部や太ももの脂肪が蓄積した部分から余分な脂肪細胞を取り出し、胸部に注入することでバストアップを図る方法です。

自分自身の本物の脂肪を使用するため、手触りや見た目が自然になるという特徴があります。
 

また、お尻や太ももの後ろや外側から脂肪を採取するため、部分痩せの効果も得られる「一石二鳥」の手術でもあります。

脂肪注入法のメリット

シリコンバッグなどの異物を挿入せずに済むため、拒否反応などの心配がなく安全です。

自分の脂肪細胞をバストに注入するという手術であり、メスも使わず、心身への負担も比較的少ないです。
 

治療の跡もほとんど残らず、バッグプロテーゼ挿入法と比較して、ダウンタイムも短く済む傾向にあります。

脂肪注入法のデメリット

自分自身の脂肪細胞を使う関係上、一般的に1.5カップ程度が限界で、2カップ以上の大きなバストアップは望めません。

しかも脂肪は徐々に体内へ吸収されるため、数ヶ月~数年で元に戻る可能性が大です。
 

他にも注入した脂肪がしこりになったり石灰化してしまうという問題がありますが、近年は採取した脂肪の加工技術が向上しています。

吸引した脂肪から、しこりの原因になる不純物を除去する「コンデンスリッチ豊胸(CFR注入)」「セリューション豊胸」といった手術法が開発され、問題解決が進みつつあります。

参考

コンデンスリッチ脂肪注入湘南美容クリニック

脂肪注入法にかかる費用

どの程度バストアップしたいのかによって費用は増減しますが、目安としては「30~50万円の基本料金+脂肪吸引の費用」と考えておけば良いでしょう。

脂肪吸引の費用は、施術を受けるクリニックや使用される機器によって異なりますので、カウンセリング時にしっかり確認しておくことをおすすめします。
 

また余談となりますが、脂肪吸引で使用される機器によっても、身体に対する負担が変わってきます。

そのため手術を受ける病院やクリニックがどのような機器を使用しているのか、事前に調べておくと良いでしょう。

3.ヒアルロン酸注入法

ヒアルロン酸注入法は、注射でバストへヒアルロン酸を注入するだけの簡単な手術のため、プチ豊胸とも呼ばれています。
 

従来豊胸に使用されていたヒアルロン酸は、半年~1年ほどで体内に吸収されてしまうなど、バストアップ効果の持続時間に問題がありました。

しかし現在は「SUB-Q」など、粒子が大きなヒアルロン酸が開発され、効果の持続時間が数年単位にまで延びています。
 

使用するヒアルロン酸によって、仕上がり具合や感触、効果の持続時間に差があるので、術前に必ず担当医による詳しい説明を受けておきましょう。

ヒアルロン酸注入法のメリット

ヒアルロン酸は美容成分として知られる成分であるだけに、体内に注入してもアレルギー反応が出にくいという特徴があります。

また注射器でヒアルロン酸を注入するだけのお手軽な施術のため、傷跡が残らず、入院や術後のアフターケアはほとんど必要ありません。
 

身体への負担が少なく、術後のダウンタイムも短くて済むことから「仕事の都合上入院はできないけれど豊胸はしたい!」という方でも、手軽に受けられます。

ヒアルロン酸注入法のデメリット

注入するヒアルロン酸の種類によってバストアップ効果の持続時間は異なりますが、およそ1~3年でヒアルロン酸が体内に吸収されてしまい、バストが元のサイズに戻ってしまいます。

ヒアルロン酸注入法のみでバストアップを持続させるには定期的な施術が必要となるので、ランニングコストをしっかりと確認しておきましょう。
 

加えて、粒子の大きなヒアルロン酸は吸収されきれず、バストの中でしこりになるケースも見られるので、長期経過に関しては医師と十分相談し、リスクを確認しておくことも重要です。

また手術の手軽さから、費用が安く済むように感じられがちですが、高品質のヒアルロン酸は単価が高いため、種類によっては高額の手術費用が請求されるので注意が必要です。
 

もし、クリニック側から安いヒアルロン酸注入法の提示があった場合は、品質の悪いヒアルロン酸を使用している危険性もあります。

そのため料金に関しては、シビアに判断することをオススメします。

豊胸以外のバストに関する手術について

女性のバストに関する悩みは、大きさだけにとどまらず、乳房の形や乳頭の状態、豊胸手術後のトラブルなど多岐にわたります。

これらの悩みも、その大部分を美容外科治療で解消することが可能です。
 

ここで、豊胸施術以外のバストに関する手術をいくつか簡単にご紹介しましょう。

乳頭縮小術

先天的な乳頭肥大や、妊娠・授乳によって伸びてしまった乳首を、小さく整える手術です。

美容整形となり、手術は約2~4時間で終了。日帰りで行うことが可能です。

乳房つり上げ術

加齢と共に下垂してしまったバストや、過激なダイエットなどの影響でたるんでしまった乳房を引き上げる手術です。

垂れて余ってしまった皮を切除して乳房を整えたり、インプラントや脂肪注入を行って胸にハリを与えたり、といった手術内容となります。
 

手術時間はおよそ3~4時間です。日帰りが可能なケースもあります。

豊胸手術後のしこり修正

脂肪注入やヒアルロン酸注入などの豊胸手術を行った場合、術後しばらくして、バスト内に脂肪やヒアルロン酸の固まりができ、しこりとなるケースがあります。

時には直径3cmを超えるしこりができる場合もありますが、適切な治療を行うことで修正が可能です。
 

一般的にエコー(超音波)検査でしこりの大きさや場所、状態を特定し、吸引・溶解、切開による摘出など、症状に合った適切な治療法が選択されます。

 

この記事のまとめ
  • 確実かつ短期間で胸を大きくしたい場合は、豊胸手術が適している
  • 手術方法は「バッグプロテーゼ挿入法」「脂肪注入法」「ヒアルロン酸注入法」がある
  • シリコンバッグは体内に吸収されないため、長期間大きく形の良いバストを保てる
  • 脂肪注入法は手触りや見た目が自然になり、拒否反応などの心配がなく安全
  • ヒアルロン酸注入法は体への負担が少なく、術後のダウンタイムも短くて済む
  • 乳頭縮小術、乳房つり上げ術など、ピンポイントの手術もある