バストアップするためのオススメの方法は?

バストアップにオススメな方法

女性らしさの象徴でもあるバスト。

「胸が小さいのがコンプレックス」「最近胸が垂れてきた」など、女性にとってバストの悩みは深刻ですよね。
 

理想的な大きさの、ハリのある美乳を手に入れるには、どんな方法があるのでしょうか?

方法1:豊胸手術をする

短期間で大幅なバストアップをしたいなら、豊胸手術を受けるという選択肢があります。

豊胸手術の種類は?

一般的な豊胸手術としては、大きく分けて「シリコンバッグ挿入法」「脂肪注入法」「ヒアルロン酸注入法」の3種類があります。

「シリコンバッグ挿入法」は、液体のシリコンまたは生理食塩水が入った袋を、胸に挿入します。
 

この方法であれば、2カップ以上のバストアップが可能です。

また体に吸収されることが無いため、半永久的に大きなバストを保てます。
 

「脂肪注入法」は自分の体の脂肪を吸引し、バストに注入します。

体の余分な脂肪を減らして、バストアップできるのです。
 

「ヒアルロン酸注入法」のヒアルロン酸とは肌の真皮にあり、水分を保持したり、クッションのような役割を持つ成分です。

このヒアルロン酸を注入することで、バストにハリが出ます。
 

脂肪注入法は自分の脂肪、ヒアルロン酸注入法も元々体内にある成分を注入するため、拒絶反応が少なく、シリコンバッグに比べて柔らかいバストに仕上がります。

豊胸手術はリスクがある

豊胸手術は即効性のあるバストアップ方法ですが、その分大きなリスクもあります。

シリコンバッグ挿入法は脇の下をメスで切開するため、術後に強い痛みが残りますし、切開した時の傷が残ることもあります。
 

さらにシリコンバッグには脂肪ほどの柔らかさが無いため、胸が不自然な硬さになることもあります。

脂肪注入法は、脂肪を吸引した箇所の皮ふがデコボコになってしまったり、ヒアルロン酸注入法は大量に注入すると、胸の中にしこりができるなどのリスクがあります。
 

また豊胸手術は、高額です。

ヒアルロン酸注入法は数万円で受けられますが、シリコンバッグ挿入法や脂肪注入法は、20~120万円、あるいはそれ以上の金額になります。
 

高額な上に、体に悪影響が出る可能性があるのです。

方法2:バストアップサプリメントを飲む

豊胸手術はリスクがあって怖いですし、もっと手軽にバストアップしたい人も多いでしょう。

そんな人にオススメなのが、リーズナブルな価格で試せるバストアップサプリです。

バストアップサプリの成分に注目

バストアップサプリには、女性ホルモンに働きかけてバストアップできる成分が、豊富に含まれています。

なかでも主成分として人気なのが、「プエラリア」です。
 

プエラリアには、女性ホルモンに似た働きをする植物性エストロゲンが、大豆の約40倍も含まれています。

この植物性エストロゲンの作用により乳腺の発達が促され、バストアップにつながります。
 

他の成分としてはイソフラボンや、ワイルドヤム、チェストツリー、ブラックコホシュなどがあります。

バストアップサプリの飲み方や注意点は?

バストアップサプリの成分には「卵胞期」に効果を発揮するものと、「黄体期」に効果的なものの2種類あります。

多くのバストアップサプリに含まれるプエラリアは、月経が終わってから排卵までの約7日間である卵胞期に、ワイルドヤムやチェストベリーは、排卵後から月経が始まるまでの約14日間である黄体期に、効果的に作用します。
 

それぞれの時期によって、分泌される女性ホルモンが違うため、月経周期に合わせて飲み分けましょう。

間違った時期に摂取すると、ホルモンバランスが崩れ、体調不良となる危険性があります。
 

特に生理中はホルモンバランスが崩れやすいため、商品によっては、バストアップサプリの服用は避けた方が良い場合もあります。

また多く摂取すれば、その分バストアップできるというわけではありません。過剰摂取も体調不良の原因となるため、必ず摂取量を守って飲んで下さい。

方法3:バストアップできるブラジャーを着ける

バストアップサプリと同じく簡単に始められるのが、バストアップできるブラジャーを着ける方法です。

バストアップできるブラってどんなもの?

ブラジャーでバストアップしたいなら、育乳ブラがオススメです。

育乳ブラは脇などに流れたぜい肉を、バストに寄せ集めて持ち上げる働きがあります。
 

胸が垂れないように、ワイヤー入りのものが多いです。

動きやすいバストを正しい位置でしっかり固定することで、胸の形を整えます。

寝ている間にバストアップできるブラは?

就寝中もバストは揺れますが、ワイヤー入りのブラを着けて寝ると、肌を傷付けやすいです。そのため寝る時には、ナイトブラを着けましょう。

ナイトブラも育乳ブラと同じく、背中や脇に流れたぜい肉をバストに集め、中央に寄せ上げる働きがあります。
 

ナイトブラはノンワイヤーで、育乳ブラに比べて優しい寄せ上げになっています。

寝ている間はバストが横に流れやすいため、脇や背中の生地が幅広になっていたり、カップが胸を覆うような形になっているなど、胸の横流れを防ぐための作りになっています。

方法4:運動やマッサージでバストアップする

あまりお金を掛けずに、日常に取り入れやすいバストアップ方法が、運動やマッサージです。

バストアップに効果的な運動は?

バストを支えている筋肉である「大胸筋」を鍛えたり、体の歪みを改善することで、バストアップが可能です。

体の歪みが改善すると、滞っていた血液やリンパが流れ、バストにも必要な栄養が行き届きます。
 

大胸筋を鍛えるなら胸周りの筋肉を動かす水泳、体の歪みを改善するならヨガやストレッチがオススメです。

一方マラソンなどの激しい運動は、胸が揺れるため垂れる原因になったり、脂肪が燃焼されてしまうため、バストアップには逆効果です。

マッサージでバストアップ

胸のマッサージを取り入れることでも、バストアップが可能です。

バストや胸周りをマッサージすることで、血液やリンパがスムーズに流れてバストアップできます。
 

オイルやクリームを使った方が、肌のすべりが良くなりマッサージしやすくなります。

 
 
ここまで、バストアップに効果のある4つの方法を見てきました。

豊胸手術はリスクがありますし、運動やマッサージでは効果が出るまでに時間が掛かってしまいます。
 

そのためできるだけ自然に、それでいてしっかりバストアップ効果を実感したいなら、バストアップサプリやナイトブラがオススメです。

自分に合ったバストアップ方法を見つけて、憧れの美乳を手に入れましょう。
 

バストアップについての詳細は、以下の記事でも紹介していますので、良かったら見てみて下さいね。

バストアップの関連カテゴリー

バストアップ方法
バストアップ成分
豊胸手術

 

その他のカテゴリー

バストの基礎知識
ブラジャーに関するQ&A
運動・体操・マッサージ