夜寝る時、ブラジャーはつけたまま?

ブラジャーを着ける派の女性

夜寝る時にブラジャーはしたまま?それとも外して眠る?

女性であれば、こういった会話を一度はしたことがあるのではないでしょうか?
 

「ブラをつけずに眠ると、胸の形が崩れそうで怖い」という方もいますし、「ブラをしたまま眠ると、肩がこったりリラックスできなかったりする」という方もいます。

結局どちらの方が、体に良いのでしょうか?
 

今回は、夜寝る時にブラジャーをつける?つけない?この問題に、正面から向き合ってみたいと思います。

夜寝る時ってブラジャーどうしてる?

夜ブラジャー派の女性

夜ブラジャー派の女性は多い?少ない?

国内最大手の女性用下着メーカーとして名高いワコールが、2013年9月に行ったアンケート調査によると、ほぼ毎日ブラジャーを着けて眠っている方の割合は、約35%です。

これに対し夜、ブラジャーをまったく着けずに眠る方の割合は、約60%です。
 

そのため圧倒的に、「着けずに眠る派」が多いことが分かります。

日本では、夜眠る時にブラジャーを着ける習慣は、まだそれほど浸透していないという訳ですね。
 

では夜ノーブラ派の女性は、ブラジャーを着けずに眠ることに、不安などは感じていないのでしょうか?

同様の調査で「夜、ブラジャーを着けずに寝ていることについて不安に思うことはありますか?」というアンケート項目があります。
 

それに対する答えの中で、特に多かったのが「バストの形が崩れそう(34.1%)」でした。

他にも「バストが垂れそう(28.5%)」「バストの肉が横に流れそう(16.8%)」などの回答が続きます。
 

つまり夜ノーブラ派であっても、睡眠中のバストの状態になにしら不安を感じている方が多いことがうかがえます。

ではなぜ睡眠中のバストの状態に不安を感じつつも、夜はノーブラという方が多いのでしょうか?

夜ノーブラで過ごす方が多い理由

夜ノーブラ派の女性

睡眠中にブラを着用しない方の意見で、最も多いのが「夜寝る時まで、胸を締め付けたくない」というものです。

確かに、睡眠中くらい下着の締め付けから解放され、ゆっくりとリラックスした状態で眠りにつきたいものですよね。
 

また、中には「眠る時にブラを着けたままだと、乳がんになりやすいと聞くから」という意見も、少なからず存在します。

アメリカのハーバード公衆衛生大学院は「European Journal of Cancer」という専門誌に、ブラジャーと乳がんの因果関係に関するレポートを発表しています。
 

このレポートによると、ブラを日常的に着用し続けている女性は、普段ブラを着けない女性に対して乳がんを患う人数が約2倍であると報告されています。

同じくアメリカの研究者であるシドニー・ロス・シンガーとソマ・グリスメイジャーは、共同執筆した研究論文の中で「ブラジャーはリンパ管を締め付けるため、発がん性物質や毒素を乳房内に溜め、乳がんを発症させる可能性がある」と発表しています。
 

このような「ブラジャーは乳がんリスクを上げる」という研究結果やレポートがあるため、できるだけブラジャーを着用する時間を短くしたい!と考える女性もいます。

夜ブラ派は増えてきている?減ってきている?

夜ブラ派の女性とノーブラ派の女性

夜はノーブラ派がいる一方で、「就寝中にブラジャーを着けないと、バストの形が崩れてしまう」「夜ブラをすることで、キレイな形のバストを維持できる」という意見もあります。

実は、日本人女性のバストは欧米人と比較して脂肪の割合が高いため、柔らかく形が崩れやすいという特徴を持ちます。
 

そのため眠っている間に胸の脂肪が脇や背中に流れやすく、ノーブラのまま眠り続けると、バストの形が崩れてしまいがちです。

そういった日本人女性特有の悩みを解消するため、下着メーカーは締め付けが少なく着け心地が良い、夜専用の「ナイトブラ」を開発し、リリースしました。
 

ナイトブラは、夜ノーブラ派の方が気にするブラの締め付けを可能な限り軽減しながら、胸の脂肪が流れるのを予防できる機能性ブラです。

そのため、着けたままでも快適に眠ることができます。
 

またノンワイヤーのため、「締め付けによるリンパ管の圧迫」などの問題も解消でき、健康面を気にする女性でも着用に抵抗が無いよう配慮されています。

こういった優れた商品の登場によって、睡眠中にナイトブラを愛用しているという女性の割合は、年々増えてきています。

寝る時ブラジャーあり・なしのメリット・デメリット

寝る時ブラをしている女性

寝る時にブラジャーを着けるメリット

1.睡眠中のバストの動きを軽減できる

意外に思われるかもしれませんが、睡眠中のバストは大きく動きます。

仰向けの状態では上方向や横方向に脂肪が流れますし、寝返りを打てば左右に大きくバストが揺れ動き、胸の脂肪が脇や背中に流れてしまいます。
 

それだけでなく、乳房を支えるクーパー靱帯の延びやたるみ、断裂などを引き起こし、バストが型崩れする可能性もあるのです。

しかしナイトブラを着用して眠れば、バストを優しくサポートしてくれるため、動きを最小限におさえながら、胸の位置を心地よく安定させることができます。

2.バストの形が良くなる

バストの形をキレイに保っている組織や器官には、「バストを支える筋肉」「バストやデコルテ部分の皮膚」「乳腺組織を支えるクーパー靱帯」等があります。

睡眠中にナイトブラを着用することで、これらの組織や器官の損傷や劣化を防ぐことができます。
 

またナイトブラは肌に密着するタイプの下着のため、バストをほどよく温めて血流やリンパの循環を促進し、バストの成長を促す効果も期待できます。

その結果、バストを形作る器官や組織が健康な状態を保つことができ、バストの形が良くなる効果が期待できます。

寝る時にブラジャーを着けるデメリット

寝る時のブラにデメリットを感じている女性

1.リンパの流れが阻害され、毒素が溜まりやすくなる

睡眠中にワイヤー入りの締め付けが強いブラを着けていると、リンパの流れや血流が阻害されるだけでなく、乳房に老廃物や毒素が溜まりやすくなります。

すると健康面で悪影響が表れるリスクが、跳ね上がってしまいます。
 

リラックスできないことでの不眠や肩こり、ストレス過多などが見られる可能性も高まります。

2.ナイトブラは日中に使うのに適さない

ナイトブラは快適な着け心地で、寝る時の胸や姿勢に合うような作りになっているため、日中の胸をキレイにサポートする働きには優れていません。

そのためナイトブラを日中用として着けると、胸の形がキレイに整わない場合があります。

夜はナイトブラがおすすめ

キレイなバストを維持したいなら、快適な睡眠とバストサポートを念頭に開発された、ナイトブラを着用しましょう。

とはいえ「乳がんのリスクや健康面を最優先に考えたい!」「ナイトブラでも窮屈に感じる…」という方が多いのも、また事実です。
 

そういった方には、バストを内側から美しくする効果が期待できる、バストアップサプリをおすすめします。

 
  バストアップサプリメントの人気ランキングはコチラ

 

この記事のまとめ
  • 日本では就寝中ノーブラという女性の割合が約60%と高い
  • ブラジャーはリンパ管や血管を締め付け、老廃物や毒素の排出を妨げるため、就寝中は外す方が良い
  • 日本人の乳房は脂肪質のため、就寝中に脇や背中に脂肪が流れやすい
  • バストの形を維持するためには、ナイトブラが適している
  • ナイトブラでも窮屈感や息苦しさを感じる場合は、バストアップサプリの利用がおすすめ