産後、垂れたバストを元に戻すことはできる?

産後、垂れたバストを復活させたい

貧乳でお悩みの女性の中には、妊娠後に訪れる夢のバストアップに期待している方も多いのではないでしょうか?

妊娠中は女性ホルモンの影響から、一時的に胸が大きくなります。
 

大体2~3カップほどアップすると言われていますが、喜んでいられるのもつかの間。

産後、授乳が終わるとバストは徐々に元のサイズに戻ってしまいます。
 

何のケアもせずにいると、産後はバストが垂れたり、サイズダウンしてしまう場合もあるため、注意しましょう。

ここでは産後女性でもチャレンジしやすい、バストの垂れを防ぐ対策について紹介いたします。
 

無理のない程度に、参考にしてみてくださいね。

産後、バストに関する悩みは様々

産後のバストの悩み

妊娠~授乳~断乳まで、女性のバストは赤ちゃんを育てるために、激変していきます。

女性ホルモンが働くことで、乳腺が発達してどんどん大きくなりますが、その後には女性を悩ます問題も付きまとうケースが多くあります。

バストが垂れてしまった

産後女性の多くが感じているのがバストの垂れです。

妊娠~断乳の期間中、女性ホルモンは通常より数十倍も分泌されます。
 

それによりバストは大きくなるのですが、それに伴い、胸を支えているクーパー靭帯には大きな負担がかかります。

この負荷によってクーパー靭帯が伸びたり切れたりすると、胸を支える力が無くなってしまいます。
 

加えて、産後は乳腺が劇的に衰えてしまい、胸の膨らみを生み出す脂肪も減少してしまいます。

このことから、産後のバストはハリが失われ、垂れやすくなってしまいます。
 

また、授乳の仕方によって、胸が左右に離れてしまったり、左右の大きさが違くなってしまったりと悩みも出てきます。

産後は、以前よりもバストがサイズダウンしてしまった

妊娠2か月頃から大きくなり始め、妊娠3か月で2/3カップ以上、5か月で1カップ以上、7か月で2カップも大きくなります。

今までバストが小さくて悩んでいた人は、その大きさに嬉しくなってしまいますよね。
 

大きさのピークを迎えるのが出産の2~3日後で、大きさも張りも赤ちゃんのために立派になります。

授乳を開始すると少しずつ乳腺脂肪が減り始め、バストは段々小さくなっていき、産後1年くらいには妊娠前のサイズまで落ち着いてきます。
 

「元のサイズに戻ってしまい、ガッカリした」という声は大変多く聞かれますが、なかには出産以前よりも小さくサイズダウンしてしまったという方もいます。

乳首や乳輪にも変化が

バストのサイズや形だけではありません。妊娠・出産をすると、乳首にも変化が現れます。

一般的に妊娠すると乳首の色が濃くなったり、乳輪が大きくなったりしてきますが、それが戻らず悩む人もいます。
 

または赤ちゃんに授乳し続けたら、上を向いていたはずの乳首が下向きになってしまったという声もあります。

バストは女性らしさの象徴ですし、仕方がないとはいえショックですよね。
 

このように、産後は様々な変化が訪れますので、前もって垂れ防止策をとっておく必要があります。

しかしすでに出産し、なんの対策もとっていなかったため、バストが垂れてしまった方もいるでしょう。
 

垂れてしまったバストを、元に戻すことはできるのでしょうか。

胸が垂れるのを予防するには?垂れた胸は元に戻せる?

胸が垂れるのを予防したいお母さん

産後の胸の変化は仕方ないと、諦めるのはまだ早いです。

対策を立てたり、バストアップ法を続けることによって、垂れるバストを予防したり戻すことは十分可能です。
 

産後5~6か月のバストは特に、形が変化しやすくなっているため、この時期のケアが大切です。

産後はどのようなバストケアをすれば良いのでしょうか?

授乳中でもできる対策

授乳中は赤ちゃんの夜泣きがひどく、ママさんも大忙しな時期のため、正直バストケアする余裕なんてないと思います。

しかしバストケアだけでなく、ご自身の健康のためにもお勧めしたい対策なので、ぜひ参考にしてください。

1.こまめに授乳する

産後バストが垂れてしまう原因のひとつに、母乳が溜まって胸の皮膚がパンパンに張って伸びてしまうことも関係しています。

しぼんだ風船は息を吹き込めば再度膨らみますが、授乳が終わり、母乳が出なくなった胸は膨らむ手段がなく、しぼんだまま=垂れてしまうのです。
 

そのため胸の皮膚が伸びないように、こまめに授乳したり搾乳するなどして、母乳を溜め込まないように意識することが大切です。

また赤ちゃんを抱っこする際、利き手に頭が来る方が抱きやすいからと言って、片方の胸だけで授乳してしまう癖があるママさんも多くいます。
 

これでは、左右で胸のサイズや形が大きく変わってしまう可能性があるので、両方の胸でバランスよく授乳するようにしましょう。

授乳間隔が長かったり、片方の胸に偏って授乳を繰り返していると、母乳が溜まり「乳腺炎」にかかるリスクもあります。
 

胸の垂れ防止と健康の為にも、こまめな授乳を心がけましょう。

2.産後ブラジャーの着用

授乳中はなかなか授乳への機能性を重視し気配りしにくいですが、下着選びも重要です。

妊娠中から胸のサイズは変わってきますので、その時々で自分の体に合ったブラを着用することが望ましいです。
 

ブラの締め付けが苦手な方も多いですが、授乳中の時期は特に胸が大きくなるため、乳腺が伸びないようにしっかりとホールドできるブラを着けましょう。

そこでおすすめなのが、ワイヤーの入っていない産後専用のマタニティブラやナイトブラです。
 

ワイヤー入りの方がホールド力は勝りますが、妊娠中や産後の場合はワイヤーの締め付けが母乳の出に影響する可能性もあります。

ノンワイヤーでもカップがしっかりしたタイプであれば、ストレスなくしっかりと胸を固定できるため、バストが垂れるのを防げます。

授乳が終わったらできる対策

授乳後のバスト対策

授乳が終われば、ママさんも少しは気持ちにも余裕が出てくると思います。

とは言えストレスに感じてしまっては身体に悪いので、出来るものから取り入れてみてくださいね。

1.マッサージ

育児に忙しいママさんでも、空いた時間に簡単にできるのがマッサージの良いところです。

クリームを使い滑りを良くし、マッサージを行うことも効果的です。
 

乳腺を刺激するようにバスト上部を下から上へ皮膚を引き上げたり、脇に流れた脂肪を胸に持ってくるようマッサージしていきます。

また、今話題のバストアップマッサージを試してみるのもいいですね。
 

ただ授乳後とは言え、赤ちゃんがバスト周辺を舐めたりする場合もありますので、使用するマッサージクリームはよく選びましょう。

産後は、胸やお腹にできるストレッチマーク(妊娠線)でお悩みの方も少なくありません。

ストレッチマーク専用のクリームも販売されており、継続することで線が薄くなるため、あわせてケアしてあげると良いですね。

2.エクササイズ

胸筋を鍛えるエクササイズも大事です。

手のひらを体の前で合わせて押し合う筋トレはバストアップの王道ですが、産後でも努力を積み重ねることで垂れを防止・改善し、効果が期待できます。
 

では、オススメのバストアップエクササイズを紹介しましょう。

オススメのバストアップエクササイズ
  1. 肩幅に広げた両手を床につき、四つん這いになる
  2. 手の先はまっすぐに、背筋をピンと伸ばす
  3. あごをグッと引き、腕立て伏せをする要領で肘を曲げる
  4. だいたい15秒前後を1セットとし、1日に5セットを目安に行う

この姿勢でぎりぎりまで踏ん張ると、腕や胸筋がプルプルしてくると思いますが、それは効いている証拠です。

胸筋を鍛えることで、バストが垂れるのを防げます。

3.バストアップサプリ

バストアップサプリ

妊娠する前までバストアップサプリを飲んでいた、という方も多いのではないでしょうか。

バストアップサプリのほとんどは、プエラリアなど女性ホルモンと似た作用が働く成分が配合されています。
 

そのためホルモンバランスに影響を及ぼす可能性があるとして、妊娠中や授乳中の服用は避けなくてはなりません。

しかし個人差はあれど、授乳が終わってから大体1~2か月後になると、ホルモン分泌が落ち着いてきます。
 

赤ちゃんへの授乳が終わり、心にも余裕が持てるようになってきた頃が、サプリを飲み始めるタイミングです。

産後女性がバストアップサプリを飲む際は、生理中や生理前は服用を避け、体を驚かせないためにも、徐々に適量へと増やしていく、という飲み方が理想です。
 

通常に比べてホルモン分泌がまだまだ不安定な状態のため、最初のうちは適量の半分以下から始めるのもアリです。

バストアップサプリによってバストにハリが出てきたという声も多く聞かれますので、産後にバストが垂れてしまった…とお悩みの方は、試してみると良いかもしれません。
 

下記サイトでは、授乳後の女性が安心して飲めるバストアップサプリを紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 
  バストアップサプリメントの人気ランキングはコチラ

 

この記事のまとめ
  • 産後の胸の垂れやサイズダウンは、出産経験のある女性の多くが実感している
  • 産後も綺麗なバストをキープするには、日頃のケアが重要になる
  • マッサージやエクササイズ、子育て中でも無理なくできるものを取り入れよう
  • バストアップサプリは、授乳期間後、心身ともに落ち着いた頃に始めるのがベスト